日常

死んだ後の夢

執筆本の原稿の方も、今は最終確認など待ってる状態なのですが、連絡はまだ来ず。
こちらは5月中旬発売を希望していたのですが、なんかこの反応の鈍さ…ちょっと遅れそうな気がしてきています。

この書籍の発売がまだハッキリしない関係もあって、ちょっと他のワークや、個人セッションの募集も明確に出来ない状態で、ちょっとズレ込んできています。
一応、今の所、6月中旬頃に「れんね瞑想」を実施予定。そして個人セッションを6月下旬頃から開始予定(募集は5月中旬頃から予定)。期待されていた方には、本当にすみません。もうしばらくお待ちください。
そろそろ編集部に催促の連絡でもしてみようかと思ってるのですが。

ただ、私の場合いつもこう言う催促のメール送ると同時に、入れ違いで先方から連絡が入るので、躊躇してしまうんですよね。
トイレに入った瞬間、電話が掛かってくるとか。ちょっと出かけてる時に限って宅配便が来たり。いやこれホント多いんです。

この間は友人が遊びに来ていて、トイレに行こうと思った時に、いつもならここで宅配便が来るからと思い、あと5分待ってみる事にしました。
そこで「じゃあ代わりに」と、友人が先にトイレに入ると、やはり宅配便がすぐに来て、友人もトイレの中で「気持ちがよく分かった!(汗)」と驚いてました。

まぁ、そんな話はどうでもイイのですが(笑)

もう、ここまで書いたところで、やはり編集部に催促のメールを今送りました。

(※そして、この記事が公開される前に編集部から返事がきたので、ちょっとここに追記。連休明けに最終確認のデーターが送られてくるとの事。それを確認して、AMAZONで掲載準備が整ってから発売日を調整って感じでしょうか。やはりもうしばらくかかりそうです。5月下旬ぐらいかな。。。)

ここれんね-執筆本

で、この写真は、執筆本のサンプルです。と言っても、事務所のコピー機で原稿を印刷して自分で製本してみただけの手作りサンプルです。
すみません、気持ちだけが先走ってます。でもこんな感じのA5サイズの青い本になる予定です。
モザイクはまだちょっと外せません。

どちらにせよ、もうすぐ発売なのは確かなので、そう思うと私も楽しみです。
今だけは、本が発売されるまでは、うっかり死んだりしたくないですね。
今死んだら、もう本の出版だけは、誰かに憑りついてでも、やり遂げてから成仏すると思います。未練で成仏できない幽霊のお方々の気持ちが、今なら分かります!

そう言えば昔、死んだ夢ではなく、死んだ後の夢を見た事があります。
当時の彼女と歩いていて、踏切近くの自販機の前で、私がジュースを買おうとする場面でした。
でも気が付くと、何かうっかりした事で、私だけが電車に轢かれて死んでしまうんです。
で、死んだ状態で、泣いてる彼女の横にいて、なんか突然死んでしまった事に「あぁあ、やってしもた‥ごめんなぁ」と落ち込んでいるんです。

でも自分が死んだ事は分かってるんやけど、周りが普通に見えるから、あんまり死んだって言う実感も無いんです。
ただ意識がすごく不鮮明でぼやけていて、水中に潜ってる状態で、この世を見てるような感じでした。

そして、成仏しなきゃなぁって何となく考えてはいるものの、もうちょっとこの世の事を見ておきたいと言う気持ちもあって、うろうろ街中を彷徨いだすんです。この辺り結構リアルで、うちの実家の近くの太秦映画村の前の道とかをスーッと飛んでいくんです。
でも、やっぱり水中に潜って泳いでる感じで、鮮明感が無いので、どうにもスッキリしなくて心地は悪い。
しかも誰も気付いてくれない。すぐにつまらなくなってくるんです。

そして、もうイイや、そろそろ成仏しようと思って、上に向かって飛ぼうとします。
でもその頃にはもう体が何かすごく重くて飛べないんです。
地面近くに固定されてしまって、成仏したくてもできないんです。それがだんだん孤独感と恐怖に変わってきます。
もしかしてこのまま永久に、この水中に潜ってるようなスッキリしない状態で、ここで動けなくなるんじゃないかと。どうしよう。どうしたらええんやろう!と、やたらその不安と恐怖に囚われて動けなくなるんです。
そんな感じで増々怖くなってきた所で目が覚めました。

「あぁあ、まだ生きてたんや!良かったぁ」って、その時は結構本気でそう思いました。
同時に、なるほど死んだらああ言う孤独感なのかもなぁと思いました。

よく幽霊とかって、自分が死んだ事に気付けないと言う話を聞きますが、これって逃げてる夢の中で、夢だと気付けず、ひたすら逃げ続けている状態に似てると思いました。
しかもこの夢の様に、頭も不鮮明で、まともに考えられない様な状態だとしたら、確かに延々と彷徨ってしまうのかもしれません。
未練や囚われに意識が占領されて、冷静に自分の状態に気付けない状態です。

実はヒプノセラピーで、前世を思い出す人の中には、前世で死んだ後の事をリアルに思い出す人もたまにいます。
中には死んだ後、何百年も、成仏できずに彷徨ってた記憶を思い出す人もいました。この世に未練があって、その未練に囚われ続けて延々と彷徨ってたような記憶でした。

自殺すると永遠にそこにとどまって、生まれ変われない様な話もよく聞きますよね。
すでに死んでるのに、何度も何度も飛び降り続ける霊の話とか。逃げたいと思って自殺したはずなのに、死んだ事に気付けず永遠に逃げ続けてる状態。
海の底で、息苦しさを感じながらも動けなくなる様な状態。

でも実際には自殺した前世を思い出す人も何人かいました。
最初は、あれ?自殺しても転生できるケースもあるのか?とちょっと意外に感じました。

でも、だんだん分かってきたのは、自殺した人って、今世でもやっぱり自殺したいと思っている事。
しかも自殺した前世と似た様な運命を歩んでいる事が多い事も分かってきました。
つまり、自殺しても同じ人生をやり直しさせられるわけです。

いや、実際には自らその運命を再び選んでしまっているとも言えますが。

いつも言ってる事ですが、好きと言う感情より、嫌いと言う感情の方が引き寄せが強いんです。
こんな人生から逃れたい!と願う事は、こんな人生をまた来世で味わいたい願っているのと同じわけです。

そしてこれは同時に、自殺したいと考える人は、前世で既に自殺している可能性が高いとも言えるわけです。
前世の記憶は普通は持ち越せないので、また問題を無意識に今世で再現しているわけです。

じゃあそんな繰り返しから逃れるにはどうすればイイか。好きでも嫌いでもない、どうでも良いと感じられる状態。
つまりその物事に囚われなくなることです。

第三者から見れば、死ぬほど学校が嫌なら、会社が嫌なら、学校辞めればイイのに、会社辞めればイイのにとか思いますよね。
でも本人は、その苦しみだけに囚われて、頭一杯で他の選択肢が考えられないんです。

死にたいと思う人は、生きたいから死にたいんです。
自分が大切だから、大事にしたいから、苦しみから逃れたいから楽になりたいから死にたくなるんです。
この死への囚われは、生への囚われと同じです。
そしてその囚われに至るまでの過去の原因が必ずあります。そこを掘り下げていく必要があるわけです。

ただこう言う状態にまで至る人の場合、原因って結構沢山あるんです。
前世療法だと、何度受ける必要があるか分からないですし、いきなり原因を探そうとしても情報の壁が厚かったりするので、むしろそう言った人には一般的なカウンセリングからゆっくり始められた方がイイでしょう。
人に気持ちを話す事から、心の中が整理づいてきて楽になる部分も大きいです。

ただ多くの人の場合、この話すと言う行為も、情報だけのお喋りになりがちで、気持ちの解放にまた時間がかかる人も多いです。
延々とよく喋る人とかいますよね。これは本当に話したい気持ちが話せてないから、いくら喋っても喋り足りなくて長話になるんです。
人に話すにも、ちゃんと心を緩ませられる楽になれる話し方があるんです。
この辺りを学びながら、お互いに心を緩ませていく実践を行うのが「心応理学講座」の浄化編になります。

……。
今、夢の話から見事にワークの宣伝に繋がった事に、我ながら感動しました(笑)

ある意味職業病ですね。
今回はホントに間が空いてたので、本の話か何かそれっぽい話の記事を追加しておこうと思ってただけなのですが、まるで最初から計算しつくされていたような形で、いつもの宣伝に繋がりました。
きっと今の私なら、ミドリムシの話題からでも、潜在意識やワークの話に繋げられるでしょう。

そんな訳で、お約束の今月のワークのご案内で、今回の記事を終わろうと思います。。。

■心応理学講座テストモニター:第一回・嫌悪浄化
・日時:2017年05月07日(日)PM1時よりPM5時頃まで(4時間前後)
詳細は以下の専用ページをご覧ください。

≫心応理学講座テストモニター

「心応理学講座」の浄化編は、特にグループカウンセリングのワークが中心です。
最初は恥ずかしさやプライドで、喋りにくいかもしれません。
でも特定のルールに従って話してもらう事で、だんだんこんな話をしても大丈夫なんだと言うOKサインが自分に出せる様になります。

不思議なもので、こう言ったグループワークで集まる人達は、似た悩みや問題を抱えた人が集まりやすく、ワーク中たくさんの共通項を発見する事に驚かれます。
自分一人だけの苦しみじゃない事に気付かされます。
問題の本当の原因は、いつも「ここには無いだろう」と感じる所に隠れているものです。
悩みが多すぎてどうすればイイか分からない人は「心応理学講座」で是非一度心の整理をしてみてください。

私も、なぜトイレに入ると宅配便が来るのか、トイレと宅配に囚われている心の秘密を、このワークで解き明かしていきたいと思っています。

ドラマ

普段、絵の仕事をする時は、事務所で歌詞の無い音楽か洋楽を聴きながらしています。
日本語の歌詞があると、ついつい頭がそっちに向いてしまうので。
でも絵の仕上やデザインの着色作業なんかに入ると、あんまり頭を使わなくなるので、曲は何でも平気です。電話で喋りながらでも作業できます。実際には、よく家に持ち帰って、ドラマを見ながら片付けていく事が多いです。

これ、もう漫画家時代からの癖で、漫画のペン入れ着色の段階に入ると、頭が暇になるのが無駄の様な気がして、ついつい映画をレンタルするか、ドラマを見るかしながら、手だけは仕事させるって言う形に、いつもなっていました。

それが今だに残っていて、何もせずにドラマや映画をボーっと見てるって言うのが出来なくて、手だけは仕事が無くても、ラフを描いたりアイデアを絵にしたりと、完全に癖になってますね。

今期のドラマで面白いのは、日曜の99.9刑事専門弁護士でしょうか。真田丸も結構面白いです。

ここれんね

私は黒木華(くろきはる)が大好きで、今期の「重版出来!」なんかを彼女見たさで見てます。
これマンガ業界の話のドラマですが、「あぁ、ある、ある!」と頷く部分が多くて、漫画家目指してる人には、参考になるかもです。

でも私は、黒木華の落ち着いた役の女性が好きで、最近で言えば「天皇の料理番」の佐藤健の奥さん役だった時でしょうか。
もうこんな健気で優しい人が現実にいたら絶対に惚れるなぁと、しみじみ思いながら見てました^^

昔「リーガルハイ」と言うドラマがあって、これがきっかけで当時は堺雅人に注目する様になったのですが、「リーガルハイ2」で黒木華が出てきて、注目する様になりました。
堺雅人も好きですね。でも堺雅人は真田丸よりも半沢直樹よりも、やっぱりリーガルハイのキャラが一番面白かった。

あと気になる女優は、菜々緒でしょうか。この人はもう悪女やらせたら最高です。
ドラマ「ファーストクラス」から、なかなかの悪女ぶりで注目してましたが、「サイレーン」では、もうこんな悪女が現実にいたら絶対に逃げるなぁと、ドキドキしながら見てました。
今はAUのCMで、オトちゃん役ですね。ウラちゃん騙されてるぞ!と、心で叫びながら見ています。
ただ、この人はその悪女役が板につき始めてるので、人に弱さを見せれる時間は、ちゃんと取れてるのかな?と、少々心配にはなります。

どの俳優さんも、現実ではどう言う性格なのか、すぐに掴めないところが演技のうまさなんだろうなって思います。
香川照之なんかも大好きですが、この人は現実の性格は、わりとそのまんまじゃないかなと思います(笑)
この人も龍馬伝の弥太郎役が、本当にイイ味を出していて面白かった。

と・・なんかすっかりドラマの話になってしまい、ここからどうやって話を前世療法に繋げて終わらせるか、今・・考えています。

(考え中・・3分)

役者さんにとっては、どんな役もその人の一面と言えるでしょう。
普段と違う自分を演じることで、隠れた自分を吐き出していく様なものでもあります。

前世療法もまた同じです。
潜在意識に眠っている色んな想いが、前世物語の中で「前世の自分」役を通して、演じられていく。そうやって吐き出されていくわけです。

あなたの中の、吐き出したくても吐き出せなかった想いを、アナタの違う一面を、前世を通して吐き出してみませんか?

と・・今回も、なんとか話が前世に繋がった所で、6月のワークのご案内です。
=========================================
【れんね誘導瞑想(前世・未来体験ワーク)】

日時:2016年6月12日(日)PM2時よりPM5時頃まで(3時間前後)
場所:アトリエPUJA ≫交通アクセスをご覧下さい
料金:2000円(ここれんねでヒプノが初めての方は無料です)

・CD誘導にて前世をグループで体験できます。自分の前世や未来を知りたい、体験してみたいと言う方にお勧めです。(現在残数2人分)
・内容の詳細は以下から
≫れんね誘導瞑想
※れんね誘導瞑想は「ここれんね(京ひぷの)」でヒプノを初めて体験される方は、無料体験として受け付けさせて頂きます。

=========================================
「グループワークご予約」フォームより、お申し込み下さい。
ご予約の前に「お申込みの前に」を必ず、お読み下さい。
≫お申込みの前に
≫グループワークご予約

個人セッションは、予約受付中(6/3現在、6/18以降、空きあり)。
≫個人セラピーご予約

その他、不明点などのお問い合わせは、総合窓口よりお気軽にお問い合わせ下さい。
≫総合お問合せ窓口

ミッドナイト念仏?

熊本地震、現地の方々には、ホントに心からお見舞いを申し上げます。
私の親戚は、鹿児島で離れてはいましたが、結構怖かったと聞きました。
お客さんの中にも、九州方面からの方も何人かおられたので、ちょっと気がかりではあります。

ところで私は先日、友人に誘われて、知恩院で行われる「ミッドナイト念仏」なるものに参加してきました。なんとも怪しいタイトル・・。ようは、木魚を鳴らしながらひたすら念仏を一晩中唱えるイベントです。
最近は人が来るようになった様で、この日も行列が出来ていて結構入るまで待たされました。
18日の20時から始まって19日の朝7時に終了。私達は23時頃から朝まで参加しました。
100~200人ぐらい?知恩院の三門のお堂に集まって木魚をポクポクしながら「南無阿弥陀仏」を唱え続けます。
まぁでも学生さんや、会社帰りのサラリーマン風の方などもいて、私達と同様に「知恩院でそんな事をやってるのか?」と興味本位で来てみましたって感じの人も多かったです。

知恩院

私も最初は真剣に、これ以上災害が大きくならない様にと、日本の事を祈ろうと気合を入れて木魚をポクポクしだしたのですが、10分も経たないうちに「もうイイやん」「十分」「腕がだるい」「終電あるかな?」「誰か帰ろうと言い出してくれ」とか。これ多分、周りの人の思考が勝手に入ってきてるんだろうなぁと思いながら、なかなか集中できずボーっとしてしまい、気が付くと地面をポクポクしてる事に気づいて、ハッと目が覚めることもしばしば。
やはり30分ぐらいでみんなどんどん入れ替わっていって、しばらくは騒々しい落ち着かない空気とでも言えばイイのか、そんな感じでした。

それでも夜中の1~2時ぐらいか。終電も無くなり、もう朝まで居るしかないって感じの人だけが残って、これぐらいの時間になると、みんな無心になってくるのか、わりと集中しやすくなりました。座れる場所もボチボチ空いてきてたので、朝まで参加する人は、夜中の2時ぐらいから来るのが、ちょうどイイかも。

しかし今度は、寒さとの戦い。
4月も後半だからと、つい私も薄着で来てしまったのが失敗。京都の夜は、まだまだ寒い。しかもお堂の扉は開きっぱなし。なんともひんやりした空気が流れてきて、その上、人も少なくなってくるからとにかく寒い。
友人がホッカイロを分けてくれるものの、体全体はなかなか温まらず。夜中3時ごろ、休憩しようって話になって3人で外に出て、とにかく近くのコンビニに入って、温かい飲み物とから揚げを食べて、ちょっとマシになりました。

再びお堂に戻り、出口に近いから寒いんだと思って、真ん中辺の一番後ろに全員場所移動。でも今度は、背後に誰も居ないから、背中が寒い。
この時ばかりは私も人の温もりが恋しくなり、両脇に人のいる前列に私だけちょっと移動。背面には友人達が居る形で、これで少しは暖かいと思ったのもつかの間。またポツリポツリと右手に居た人達が帰っていき、左手に居た人も居なくなり、両脇が寒い!
夜明けが近くなると一段と冷え込む。さすって摩擦で時々体を暖めながら、木魚をポクポク。

そして朝7時ようやくお坊さんの説法を聞いて終了。
3人で朝食をとって解散。気が付けばもう9時。私は慌てて事務所に帰って、そのまま仕事。
そして夜は、また別の友人と飲みに行き昨日の夜になってようやく爆睡。
今朝ようやく日常に戻った気分です。

ちなみに今回ポクポクしながら、だれかアチラの方々は来てるかな?と意識をそっちにも向けてみましたが、あんまりよくわかりませんでした。まわりに人が多すぎたため?
あるいは仏さんって、そもそもあんまり向こうからアクセスしてくるものではないのかも。
日本の神さんも男の神さんはわりと物静かな感じが多いし、やはり反応が分かりやすいのは女神さん系で、仏さんも基本物静かなものなのかも。
きっと静かに見守ってくれている様な感じだったのかなとは思います。

でも、こんなこと書くのは良くないかもしれませんが、知恩院三門は以前にも友人と来た事があって、その時にも思ったけど、やっぱりお堂に並んでる黒くなった仏像は、かなりこれまでお祈りしてきた人の念と言うか依存心と言うか、そう言うのが詰まってて重い感じを受けました。
だから神道では、神さんを形で捉えない意味もあり、基本的に神像を作らないんだろうなと。
仏教も元々仏さんをイメージしやすい様に仏像を作り始めただけだったんだろうけど、いつの間にか祈る側もアチラの世界の仏さんではなく、目の前の仏像に向かって祈ってしまってるから、こんなに重くなってしまったのかなと思う。
それでも掃除が出来ると大分マシだと思うけど、古い仏像は特に木像なんかになると掃除も難しいのかな。
仏像に向かって拝む時は、仏像そのものではなく、仏像が表す仏さんがアチラの世界にいらっしゃるんだなと思いながら拝むことをお勧めします。

と、そんなことを色々思いながらミッドナイト念仏を終えた管理人でした。
ちなみに一緒に参加した友人の一人は、占いの長谷川さん。帰り際にタロットで占ってもらったら「『おもしろかった。でも来年はもう行かない』と思ってる」とカードに指摘されて爆笑。
確かに、これは1回体験すれば十分と思ってました。すみません。笑

さて、そんな読みの鋭いタロットの長谷川さん。
モニターで行ってきた「ゆるゆるタロット」を、5月から正式にメニューに加えます。
その上で、初回の正式ゆるゆるタロットは、現在まだ未定ではありますが、一応平日の5月26日(木)の午後に行う予定でいます。(単に長谷川さんが平日仕事休みなので予定しやすい)
平日が休みで、興味のある方は、開けておいて下さい。2回目はまた休日で企画予定です。
料金は1人3000円の予定ですが、最初のうちは2000円ぐらいからスタートさせます。
これもまだ未定です。
5月始めに、あらためてお知らせするので、しばらくお待ち下さい。
ゆるゆるタロットの個人セッションも検討中ではありますが、こちらもまだ未定です。

れんね瞑想の方も、平日を希望されてる方がおられるので、次回か次々回ぐらいに、平日で企画するかもしれません。これもまだ未定なので、お待ちを。
今月の24日(日)のれんね瞑想は、まだ1人分空いてますので、興味のある方はお早めに。

あと、心応理学講座の再開は、まだしばらく先になりそうです。
前回お話した出版予定の本の内容が、心応理学の入門書的なものになるのですが、こちらがある程度完成してから、それに沿って講座も構成しなおす予定です。もうしばらくお待ち下さい。

それでは、現在確定中のワークのご案内です。
=========================================
【れんね誘導瞑想(前世・未来体験ワーク)】

日時:2016年4月24日(日)PM2時よりPM5時頃まで(3時間前後)
場所:アトリエPUJA ≫交通アクセスをご覧下さい
料金:2000円(初めての方は無料)

・CD誘導にて前世をグループで体験できます。自分の前世や未来を知りたい、体験してみたいと言う方にお勧めです。
・内容の詳細は以下から
≫れんね誘導瞑想
※れんね誘導瞑想は「ここれんね(京ひぷの)」でヒプノを初めて体験される方は、無料体験として受け付けさせて頂きます。

=========================================
「グループワークご予約」フォームより、お申し込み下さい。
ご予約の前に「お申込みの前に」を必ず、お読み下さい。
≫お申込みの前に
≫グループワークご予約

個人セッションは、予約受付中(4/20現在、5/10以降、空きあり)。
≫個人セラピーご予約

その他、不明点などのお問い合わせは、総合窓口よりお気軽にお問い合わせ下さい。
≫総合お問合せ窓口