京都観光スポット

安井金毘羅宮(コチラの方々)の巻

「観光スポット」と書いて「パワースポット」と読む。今回も怪しい管理人の妄想物語が始まります。
「そんなバカな、ありえない!」と感じた瞬間がブラウザーの閉じ時です。
なお「ゆらとふるへ」から来られた方は、手遅れなのであきらめましょう。

今回は「安井金毘羅宮」のご紹介です。
縁切りで有名なのでご存知の方も多いでしょう。
京都の八坂神社から東大路通りを南に少し下がった所にあります。

安井金毘羅宮

縁切縁結びの神社やお寺はよくあるのですが、ここがなかなか強烈なのです。
鳥居をくぐって歩いて行くと、何やら大きな白い塊にビックリします。
これが「縁切縁結び碑」なのです。
写真を載せると色々支障がありそうなので絵にします。
さらに刺激を抑えるために可愛く目を付けてみました。
……。
なんか白いムックになってしましました。

安井金毘羅宮

紙に縁を切りたい人の名前など書いて貼り付けます。
それが沢山溜まって、こんな姿になったようです。
実物は安井金毘羅宮で検索して、ホームページなどで見てください。

ここは祈り方を間違えるとかなり危険な面もあるようで、ネットでそんな話が沢山出てきます。
なので私なりに祈り方のポイントなども最後にまとめてみようと思います。

まずは私がここへ参る事になった経緯から。
実は去年2018年の春頃から昼間の妙な眠気に悩まされるようになりました。
最初はしっかり寝れてないのかと思い、医者に診てもらうと無呼吸症候群だと診断され治療を始めました。
治療を始めてからは無呼吸もなくなり、しっかり寝れているとデータ上は診断されるようになりました。
でも実際には昼間の眠気は一向に無くなる気配が無く、むしろ増々酷くなる一方でした。

ちょっとこれはオカシイと、ここでようやく気付きました。
で、カードでこの眠気の本当の原因は何なのか占ってみました。
答えは霊的に他人の影響を受けていると出ました。

どういう事??と思いながら、眠気そのものに意識を向けると何故か知らない女性の寝顔が浮かんできたりします。
誰か寝ながら私の事を考えている人でもいるのか?
そしてさらに詳しく占なっていくと意外な原因が判明しました。

それは一昨年2017年の秋に発行した執筆本「トラワレリンネの覚書」に付属させた前世誘導の音源が原因でした。
つまりこの前世音源を聞いてウトウトしてしまう人の意識が、私の所に眠気と一緒に飛んで来ているようなのです。
そんな事があるのか?って感じの話ですが、思い当たる事は色々ありました。
音源のダウンロードサイトにも詳しく書いていますが、実はこの問題は執筆本を出版する前から予想出来ていたことでもあるのです。

出版する前、友人に本に付属させる前世音源をテスト的に聞いてもらったことがありました。すると何故か友人が音源を聞いている時間帯に私が気付いてしまう事が何度かあったのです。
でもそれを友人に説明することによって「気付かれたらいやだな」というブロックが出来るのか、私の所に意識がピタッと飛んで来なくなることも分かりました。

なので執筆本を発売するまでは音源を付けるかどうか、声を私の声で録音するか声優を雇うか、あるいは人工音声を使うか等かなり悩みました。
占いでは音源を付けないのが一番安全で、私の声で録音するのが自殺行為と出ていたのです。

でもお客さんに聞くとやはり私の声で作って欲しいという意見がほぼ全員の意見でした(まぁ、当たり前ですよね)。
結局、何とかなるんじゃないかと思って私の声で作ったら、何とかならなかったと言うワケです(涙)

もちろんこれは私自身の体質の問題であって、沢山の人に音源を聞いてもらえること自体はありがたい話なのです。
なので何とかしなくてはと対策を考え始めました。そして考えられるのは以下の3つ。
A.聞く人が寝てしまわずに最後まで聞けて、しっかり体験できる形に音源を作り直す。
B.書籍を一旦販売中止にして、音源の付かないバージョンを再出版する。
C.書籍販売を中止して、サイトも個人ブログ等も全て削除して、ネット上から完全に姿を消して全ての人に私の事を忘れてもらう。

Cはもうどうしようもなくなった時の最後の手段ですね。
なのでまずはAから試行錯誤を始めました。
そしてやっと寝ずに体験できる方法として完成したのが、記録シートに記入しながら体験を進めるという形のものでした。
私自身普段は目を開けて記録しながら前世体験するのですが、これは自分にしか出来ないんじゃないかと思っていました。
でも試しにお客さんに同じ様にやってみてもらった所、意外と誰にでも出来る事が分かり、ダウンロードサイトの音源もこのタイプに切り替えました。
現在公開中のバージョン(v1.1以降)がそれです。

お客さんからは、最後まで寝ずに体験できたという意見もよく聞く様になったので、サロンで行っている「れんね瞑想」も、このやり方に切り替えていきました。
すると今の所、途中で寝てしまう様な人は居なくなり、以前よりも増してほぼ全員が体験できる様になってきました。

これに伴って音源を切り替えてから眠気もじわじわ以前よりは弱まってきました。でも3か月ほど経ってもまだ無くならない。
まだ30人ほど意識が飛んできているようなので、何でなのか占うとどーもあえて旧バージョンで聞き続けている人がいるようでした。
新たにダウンロードするのが面倒だったり、聞きながら書き込むというのが馴染めなかったりするのでしょう。
まぁ当然だと思います。

しかしこのままでは私の仕事にも支障が出だしているので何とかしなければなりません。
なので話す機会のありそうな人からとにかく事情を話すことにしました。常連さんでも特定できる人が何人かいたので、来られた時に何気なく伝えました。
「実は意識が飛んできてるんですよ」なんて言われてイイ気がする人は居ないですよね。
ホントこれは私の体質の問題であってお客さんには関係のないことだし心苦しかったのです。

でもこれが一番効果があったようで一人気付いてもらうとガクンっと一気に眠気が無くなりました。
でもしばらくすると次に影響の大きい人の気配が強くなってきて、またその人に伝えるとガクンっと一気に眠気が無くなるの繰り返し。
なんか一列で順番待ちされてるみたいに影響を受けていたことがわかってきました。

ちなみにウトウトしてしまう人全員の意識が来るのではなく、思念の強い人に限られるのですが、わりと霊感の強いような人が飛びやすい事が分かってきました。
中には「〇〇さんとの関係のわかる前世」という形で体験すると、声の主の私だけでなく対象となる○○さんの所にも意識が飛んでしまいやすい事も分かってきました。
でも基本的にはダウンロードサイトにも書いているように、音源を聞く時に「気付かれたらいやだな」と意識するだけで飛ばなくなることも分かっています。

そしてやっと常連さんで飛んできてる人は居なくなり、だいぶ楽になりました。
残るは会った事のない人か、連絡を取るのが難しい人のみ。
一応ダウンロードサイトには初期バージョンで聞かれると意識が飛びやすい事を追記してあるので、もうその記事に気付いて新しいバージョンに切り替えてくれる事を待つしかありません。

そんな矢先に友人から安井金毘羅宮の話を聞いたのです。
(ここまでの話がムッチャ長かったですが、やっと出てきました。)
友人はこの安井金毘羅宮で巫女さんのバイトを少ししてたらしく、縁切にすごい力があるから眠気も断ち切れないかなと言う話で教えてくれたのです。

それまでにも生霊などに効く神社など色々調べていましたが、眠気は生霊とちょっと違うようで占ってみてもどこも眠気には効果がないと出ていました。
なのであまり期待せず安井金毘羅宮も一応占ってみました。すると何故かここは効果があると出たのです。
神社仏閣で効果があると出たのは初めてだったので、ちょっと何でここだけ効果があるんだろうと妙に思って調べだし色々と分かってきました。

安井金毘羅宮のホームページを見てみて下さい。
まず「縁切縁結び碑」の写真にビックリすると思います。
私も最初は「なんじゃこりゃぁ!」と叫びました。ちょっと気味が悪いです。
しかし実物は全然そんな事ありません。しっかり清められているのか、気持ち悪さはありません。
気味が悪いのはホームページの写真だけのようです。
多分これホームページを見た人の「いったい何これ!?」という警戒心がサイトの写真に沢山染みついてしまい、気持ち悪い印象を与えてしまっているだけでしょう。(だからこの記事ではイラストに差し替えました)

沢山貼られている紙は、お参りに来た人が貼っていったものです。
紙に縁を切りたい相手の名を書いて、この縁切縁結び碑をくぐって貼り付けると縁が切れるらしいのです。
しかしこれがネットを色々見ると怖い切れ方をする事もあるらしく、例えば会社の同僚と縁を切りたくてお参りに行くと自分が病気になって会社を辞める形で縁が切れたなど。
まぁちょっと神さんがそんな形で願いを叶えること自体考えにくいし変だなと思いながらさらに調べました。

その中ですごく納得のいく記事を見つけました。
霊感のある方の解釈なのですが、この縁切縁結びの強力なパワーは神さんのパワーではなく、そこに参る沢山の人の縁を切りたいという思念が大量に集まって一つのパワーを成しているというものでした。
これはなるほどと思いました。
生きた人間の思念の集合パワーだと考えると、強力すぎる所も効果が雑なのも納得がいきます。
私も体験上、死人の霊よりこの世で生きている人間の思念ほど強くて怖いものはないと考えています。いわゆる生霊と呼ばれる類です。
確かにアチラの神さんより、コチラの生霊の方々のほうがこの世においてはかなり強力でしょう。
それだけにこれは効果が期待できるかもと思いました。

で、早速友人達と一緒に参ってみる事にしたのです。
ただ相手は神様ではなくコチラの方々の思念なので祈り方は慎重に考えないと難しいとも思い事前に色々研究しました。
これについては最後にまとめます。

私の場合は眠気を送る人との縁を断ち切りたい訳ではなく、眠気そのものを断ち切りたかったので「昼間の眠気との縁が消え去りますように」と書くことにしました。
ちなみになぜワザワザ「昼間」の眠気なのかと言うと、昼間に眠気は来るものの、何故か夜中の2~4時は妙に目が冴えるからです。

これも原因が分かっていて、このサイトと個人ブログ「ゆらとふるへ」を夜中に読みふける人が多いからです(汗)
昼間は仕事だし眠たいのに夜中についつい読みふけってしまう。いやこれもしょうがないです。私もよくありますから。

最近になってよく分かったのですが、漫画やアニメ、ゲーム関係の仕事に就く人に夜型が多いのは、ズバリこれが原因だと思います。
その漫画やアニメ、ゲームを見てる人がみな徹夜で夢中になるから、そのカルマが作り手に返ってきて妙に夜中の方が目が冴えて仕事が捗ってしまうのでしょう。

私の場合はホームページが原因なので読みふけってしまいやすい記事を大幅に減らすか、夜中だけメンテナンス中という形でサイトを閉じるかしかないでしょう。
まぁ記事もかなり増えてきてしまってるので、リニューアルを兼ねて記事を大幅に減らす事を現在検討中です。
ホントに困った体質です。結局のところ前世でいつも皇帝の側近的な黒幕的な立場が多かったのは注目されると体がもたない事を知っていたからなんだろうなと痛感しました。

そして私の場合、断ち切りたいものはもう一つ。ちょっともう20年近くなるのに未だに忘れられずに思念を送ってきている女性の方が居るので、早く忘れて幸せになってくれるようお願いしました。
本人はまさか思念が飛んでしまっているとは気付いてないようですが、10年越えても忘れられない人と言うのは確実に意識が相手の所に勝手に飛んでしまっています。
だから余計に忘れられにくくなって、なかなか新しい良い縁を引き寄せられなくなります。
そもそも長続きする縁がなかったから別れが生じるのです。それをどうやり直しても別れに至り、無駄に歳を取るだけの遠回りです。だから私は別れた人との復縁は絶対に考えない人間です。早く新しい本当の縁に繋がる事を願っています。このサイトを今も見ている様子なのであえて書きました。
断ち切りたいものはこの二つの縁です。

で、効果の話。
安井金毘羅宮でお参りして3日ほど経ってからでしょうか、これまでにないほど眠気が全く出て来ない日がありました。
でも翌日にはまたちょっとぶり返した感じが出たかと思うと、またすぐ覚めてくるみたいな感じで何度かしばらく連続で起こりました。
そして二週間ほどで、眠気の質がそれまでと違いかなり鈍い緩やかなものに変わりました。
眠気に集中してみても知らない人の寝顔が浮かんでくる事もかなり少なくなってきました。
これは効いたんじゃないかと思い、占うとダウンロードサイトの記事に気付いて旧バージョンを聞く人がかなり減ったと出ました。

それでもまだ眠気っぽいモヤモヤは残ってます。これは今までの影響で霊的なバランスが崩れてしまって後遺症のようなものが残っているとのことでした。
しばらくリハビリが必要みたいです。
一緒に行った友達もそれまでなかなか動かなかったことが動き出したようで、それなりに何か効果があったみたい。
かなり癖はありますが、なかなか縁が切りたいのに切れない事で悩んでる方には一応お勧めです。

一応と書いたのは、上記の通り神さんパワーでなく、コチラの方々のパワーで効果が出ているっぽいので、充分に気を付ける必要はあります。
ここから祈り方を解説しますが、安全を保障するものではありません。何があっても当方は一切責任を持てませんのでご了承ください。
祈願される場合は、あくまで自己責任の自己判断でお願いします。


【1:祈る内容を決めておく】
縁切りで有名なのですが、縁結びも両方お願いできます。
何と縁を切りたいのか、結びたいのかを明確にしておきましょう。
この時、特に縁切りで気を付けたいのは、縁を切りたいものに対して「嫌悪」しない事です。
怖い縁の切れ方が起こるのは「嫌悪」の感情と一緒に祈ってしまうからでしょう。
心応理を受けられた方であればすぐに分かると思います。
嫌悪すると潜在的罪悪感が生じるので、それを消化する事も同時に祈ってる事になってしまうわけです。
つまりAさんが嫌いだから縁が切れて居なくなってくれますようにと祈るという事は…。
自分がこんなこと祈ってイイんだろうか?Aさんから見れば私が居なくなって欲しいだろうな…と言った潜在的な罪悪感を伴い、それを同時に願っている事にもなってしまうという事です。
状況によっては自分の方が居なくなるような結果を招いてしまってもおかしくありません。

なので理想は縁が切れて互いに幸せになる事です。縁が切れずに互いに幸せになれたらもっとイイと思います。
その辺のことを踏まえて祈る内容を考えた方がいいでしょう。

一応具体的な例として縁を切りたい人がいる場合は「○○さんとの縁が断ち切れますように」よりは「○○さんとの縁が切れて互いに幸せになりますように」みたいな感じでしょうか。
私は「切れる」という言葉から刃物を連想されることに抵抗があったので、特定の人に対しては「○○さんとの縁を手放せますように」としました。
自分が手放すという意味に納得がいかない場合は「○○さんとの縁が消え去りますように」とかでもイイと思います。
とにかく自分自身が嫌悪感を伴わず罪悪感も感じない言葉を選ぶ事をお勧めします。

自分のパートナーのAさんが浮気をしていて、Aさんと浮気相手のBさんが別れてくれることを願いたいなど第三者的な立場で願う場合。
このような場合は「私が幸せな縁と繋がりますように」あるいは「私がAさんへの囚われを手放せますように」と言う祈り方が理想的です。
納得いかない方も多いとは思いますが、本当にパートナーのAさんが、自分にとって幸せな縁の相手なら、自分の元に戻ってくるはずです。

病気との縁を断ち切りたい場合。病気であっても私は「切れる」という言葉がどーも引っ掛かるので「健康との縁がつながりますように」という祈り方をお勧めします。
心理的な病の場合は「○○の病気の原因となっている過去を手放せますように」という祈り方もイイでしょう。

私の様に奇特な方はあまりいないとは思いますが、一応、低級霊などの霊障との縁を断ち切りたい時は「○○の低級霊との縁が消え去りますように」でしょうか。
相手が生霊の場合は「○○さんの生霊との縁が手放せますように」って感じです。

このように事前にメモしておくことをお勧めします。現地に行くとどう祈るか忘れてしまう事もよくあるので。
祈りたい内容がまとまったら現地へ向かいます。

【2:本殿へご挨拶】
鳥居をくぐって手水舎で手を洗い、まずは本殿を参りましょう。
いきなり白いムックが見えてきて釘付けになるので、本殿を参るのをそのまま忘れてしまいそうになります。
安井金毘羅宮の祭神は、崇徳天皇と源頼政公と大物主神です。
私は男性っぽい気配を感じただけで、それが崇徳天皇さんの気配なのかは、よく分かりませんでした。
どなたかおられるのは確かなので参っておきましょう。

安井金毘羅宮

【3:御札の準備】
再び白ムックの所に戻って、向かいに御札が置いてあります。
そのお札を1枚につき100円以上のお賽銭を納めてから取り出しましょう。
そして用意したメモを見ながらペンで願い事を書きます。

安井金毘羅宮

1枚に複数書いてもイイようですが、このペンがにじむので小さく沢山書くことは難しいです。2~3件が限度でしょう。
多くの人は断ち切りたい縁と結びたい縁の二つを書くと思います。それ以上はお札を追加して書くのが無難です。
お札は丸金の文字のある方が下になります。私は最初うっかり上下逆に書き込んでしまって1枚無駄にしました。
失敗したお札は、みくじ掛に結んでおきました。

安井金毘羅宮

【4:縁切り縁結び碑をくぐる】
いよいよ白ムック…「縁切り縁結び碑」をくぐります。せまいので荷物は横に置いてくぐりましょう。
まず表から裏へくぐる時は断ち切りたい縁を願いながらくぐります。
お札を手に持ったままの匍匐前進になるので、膝や肘が汚れてもいい服で行く事をお勧めします。
裏側に出たら振り返り、今度は結びたい縁を願いながら裏から表へとくぐります。

安井金毘羅宮

【5:お札を貼る】
白ムックの背後に黄色いチューブのフエキ糊が大量に置いてあります。
お札の裏面に適量の糊を付けて白ムックに貼り付けて終了です。

安井金毘羅宮


白ムックは24時間営業らしいです。昼間は行列ができるほど混んでる日もあるので、夜中にこっそり行くのもアリです。
ネットで見ると書き方や参り方にも色んな説があるようです。
右に断ち切り左に結びの縁を書くとか、裏に書くとか、名前や住所を書くとか。
どの書き方が一番効果があるんだろうと一応占ってみましたが、特別効果が出る正しい書き方は無いと出ました。
とりあえずは神社が指定するやり方の範囲でやれば問題ないようなので、この記事でもそれを基本としています。

断ち切りたいのに断ち切れない、イイ縁になかなか繋がらないと言う人は、一度試してみるのもイイんじゃないでしょうか。
ちなみに遠くてなかなか京都まで行けないという方は、自宅で安井金毘羅宮さん宛てに「○○との縁が断ち切れますように」と祈るのもアリだと思います。
私が友人からこの神社の話を聞いて意識しただけで、ちょっと眠気が軽くなる感覚があったので、お参りほどではなくとも効果はあると思います。

余談ですが、髪を切りに行った時、サロンのオーナーに安井金毘羅宮の話をすると知っておられて面白い噂を聞きました。
なんでもあそこは時々警察も見回りに来てるそうです。
何故かと言うと、たまにお札に「クスリとの縁が切れますように」と書いてる人がいたりするからだとか(笑)
しかも住所と名前までご丁寧に書いてあったりするそうで…。
それで捕まえてもらえれば、確かに本当にクスリとの縁が切れるわけだから、イイのかもしれませんが…。
……。
イイのでしょうか…??

=================================================
次回のれんね瞑想が決まったので、ここで追記しておきます(19.12.07)
ここしばらくなかなか予定が立てれなかったのですが、1月に何とか都合をつける事ができました。
ヒプノセラピーが初めての方、書籍の音源でなかなか体験できないという方にお勧めです。
あと、各種割引も期限未定で延長することにいたしました。
それでは、詳細なご案内です。
————————————————-
■グループワークのご案内■

【れんね誘導瞑想(前世体験)】
CD誘導にて前世をグループで体験できます。
トラワレリンネの本は買ったけど、コツがつかめないとか前世体験に自信が持てないという方にもお勧めです。
前世はコツさえ掴めば、あとは執筆本の音源で好きな時に体験できるようになります。
※本の音源を利用されている方はダウンロードサイトも時々更新してるのでご確認ください

[実施日]
・2020年01月12日(日曜)PM2時よりPM5時半頃まで(3時間半前後)

[定員]
・4名まで

[内容]
見たい前世を見に行きます。そして今世の未来も少しだけ見に行きます。最後は参加者同士の前世を見に行きます。
一つのワークで前世が二つ、未来が一つ見に行けると言う贅沢なコースです。
≫詳しくは、れんね誘導瞑想のページをご覧ください

[料金]
・3,000円
※執筆本「トラワレリンネの覚書」をお持ちの方は申込画面で質問に答えていただくと1000円割引いたします。

[場所]
・アトリエPUJA ≫交通アクセスをご覧下さい

[お申込み]
・「お申込みの前に」をお読みになってから「グループワークご予約」フォームより、お申し込み下さい。
≫お申込みの前に
≫グループワークご予約

————————————————-
最近はグループワークの終わりに私がオマケでちょこっと占いをやったりもしています。
個人セッションの新規募集は例のごとく、いつごろ再開できるかはまだわかりません。
私の体調にもよりますが、そろそろメニューから外して夏季限定になるかもしれないので、あまり期待はしないでください。
それではどうかよいお年を。

歳徳神さんのその後(管理人妄想劇場)

れんねメモがしばらくご無沙汰になってました。記事以外でもあんまり更新できてませんでしたね。
ここしばらく色々ありすぎて、なかなか時間が作れず気が付いたら数か月経っていたと言う感じで。

今回は久々にちょっと妖しひ記事を書こうと思います。
最近ここれんねを見つけたと言う方はご注意ください。ついていけないと感じた瞬間がブラウザーの閉じ時です。
いつもの管理人の妄想話だなとワクワクしている人は手遅れです。とりあえず眠れなくなっても困るので、おひさまが傾く前に読みましょう。

ここれんね-歳徳神さんメモ

写真は神泉苑の恵方社。歳徳神さんを祭ってる社です。
妙に新しくて綺麗だと思いませんか。

そうです。つい最近建て直されたのです。
今ならまだグーグルのストリートビュで見ると、前の古い社の姿が見れるので全然違う事が分かります。
昨年までは結構年季の入った本当に古い感じの社でした。
今回この神泉苑の恵方社の再建にまつわる話です。

もうこの恵方社の歳徳神さん、私にとっては個性的過ぎて目が離せないのです。
まずは、どんな神様なのかは以前の記事を参考にして下さい。
≫神泉苑(恵方歳徳神)の巻

実は昨年台風で、この歳徳神さんの恵方社が見事に丸ごと吹き飛ばされたのです。
文字通り丸ごとです。

恵方社は毎年向きを変える社なのです。
去年は北西向き、今年は東向きと言った具合に大晦日に社を持ち上げて回転させるそうです。
なので石台の上に置かれているだけの社だったのでしょう。

昨年のある日、友人から神泉苑が大変な事になってると写真を送られてきてビックリしました。
歳徳神さんを祭っている恵方社の石の台の上が綺麗さっぱり何も無くなっていたのです。
もう去年のメールで写真は残ってないのでここには載せれないのですが、「2018年、神泉苑、台風」で検索したら近い写真が色々出てきます。

しかしそのもらった写真を見てると何故か妙に「スッキリしたぁ…」と言う感じが伝わってきて、あれ?っと思いました。
気のせいかとも思ったのですが、いやいやいや、まさかこれ歳徳神さん自ら社を新しくしてもらうために台風を利用して古い社を吹き飛ばしたんじゃなかと言う気がしてきたのです。
無残な姿の写真なのに妙に清々しさが伝わってくるのです。

まぁ以前の社は本当に古かったし、その社だけを見ると長老の様な神さんが居そうな雰囲気でした。
何か中の歳徳神さんの若い元気なイメージと合わないなと秘かに思っていました。

なので、まさかとは思うけど歳徳神さん、もしかして確信犯?とすぐに思いました(笑)
いやこれ多分笑って大丈夫な所です。
確信犯かもと気付いた途端「これで社が新しくなる!」って言うワクワク感まで伝わってきましたから‥!

そして昨年末に今のような新しい社に再建されたようです。

以前、二条に住んでた頃は毎週立ち寄ってたのですが、今の丹波口に引っ越してからご無沙汰してました。
ちょうど先日5月の連休中についでがあったので久々に立ち寄る事にしました。

その日はお祭りがあった様で、沢山の人が来ていました。
上の写真はその時の写真なのです。
池で演奏している船が浮かんでいて、みんなそっちを見ていたのですが、なんとなく私は歳徳神さんの恵方社の方がやたら気になってしまい、写真を撮りました。

以前の記事でも書きましたが、お祭りになると歳徳神さんが一緒にはしゃぐのですが、その日はちょっといつものはしゃぎ方と違いました。
「こっちも見て見て!社が新しくなったよ!綺麗でしょ!イイでしょ!」って感じで私の中では、社の横でポーズ取ってる歳徳神さんのイメージが出てきて、思わず吹き出しそうになりました。
いや、いつもの事ですが、この文章を書きながら私は本当に大丈夫だろうか?変なのに憑かれてないだろうか?と神泉苑に行くたびに自問自答させられます。
なんかもう漫画で描いてみたいけど絵にしたら神様を冒涜してるとか言われそうなイメージなので描けません。
神さんがこんなふざけたことするはずないと頭の中で何度も否定するのですが、こびり付く様に面白いイメージが出てくるので、歳徳神さんだけはいつも表現するのに困ります。

以前も書いてたと思いますが、本社の善女竜王さんや横の弁財天さんは普通ににこやかな女神さんらしい感じで、奥の八剱大明神さんは無口でクールな男性の神さんのイメージです。
そして歳徳神さんだけが妙に陽気でいつも走り回ってる様なイメージなのです。
wikiでは落ち着いた感じの女性の絵が載っているんですけどね。

ちなみに以前の記事では同一神の可能性を指摘されている頗梨采女(はりさいじょ)の絵の方が近いと書きましたが、今見ると全然近くないですね。
これもしかして挿絵が変わったんだろうか。
こう言う絵が描かれていたと言う事は。昔の人はそう感じていた人がいたと言う事だと思うのですが、時代によって姿が変わるのか、見る人によって違うのか。
ちょっと気なって上の人にカードで聞いてみました。
するとそもそもそう言った姿の概念に囚われていない的な答えが出ました。
ああ、ごもっとも。そもそも本当の姿と言う概念自体が、我々人間が作り出したつまらない囚われの範囲に過ぎないと言う事か。
私の中で感じる歳徳神さんも、単にハイヤーセルフが私に分かりやすいように脚色してくれているだけかもしれない。私のハイヤーセルフも結構おふざけの好きな方なので、その可能性は充分有り得ます。

二条城近くに来られる事があったら、ぜひ神泉苑に寄って歳徳神さんの恵方社もジックリ見てみて下さい。
もしかすると「前世見るならここれんね」って何処からともなく聞こえてくるかもしれません。
……。
すみません。聞こえるわけがありません。聞こえたら怖いです。
聞こえたら単にあなたの背後で私がささやいてるだけです。
……。
いやそれはもっと怖いですね。

いつものようにワークの話題に繋げる事を失念してしまい、無理やり繋げてみたらホラーになりました。
そんな訳で現在のセッション、ワークのご案内です。
=====================================================================
■個人セッション■

【予約可能期間】
・2019年6月8日(土)から2019年10月27日(日)までの土曜、日曜の午後2時より(ご希望があれば多少の開始時間の変更は可能)
※6月5日現在7月20日(土)以降空きあり。

【予約受付期間】
・2019年10月27日(日)まで 予約が埋まり次第締め切り

【内容・料金(2019年)】
・前世回帰:18,000円
・前世フルセッション:20,000円
・未来順行:18,000円
・れんね誘導瞑想-個人:6,000円
・心応理講座-個人:10,000円

≫詳しくは個人セッションをご覧下さい

【場所】
・アトリエPUJA ≫交通アクセスをご覧下さい

【お申込み】
・「個人セッションご予約」フォームより、第三希望日まで明記の上、お申し込み下さい。
・また、セッションで十分な体験ができるよう「お申込みの前に」を必ず、お読み下さい。
≫お申込みの前に
≫個人セッションご予約

===============================================================================
■グループワーク:心応理講座■

【実施日】
・Aクラス:2019年06月23日(日)午後1時より:第一回「嫌悪浄化」(残2名)
・Bクラス:2019年07月09日(火)午後1時より:第一回「嫌悪浄化」(残3名)

※第二回以降の日程は参加者同士で決めて頂きます。
≫詳しくは心応理講座をご覧下さい

【場所】
・アトリエPUJA ≫交通アクセスをご覧下さい

【お申込み】
・「グループワークご予約」フォームより、お申し込み下さい。
・また、ワークで十分に体験ができるよう「お申込みの前に」を必ず、お読み下さい。
≫お申込みの前に
≫グループワークご予約

===============================================================================
れんね瞑想については次回開催日はまだ未定です。
一応8月頃で検討中ですが、都合などある方は遠慮なくリクエストして下さい。出来る限り合わせます。

さて、今回2019年度の心応理のクラスがスタートするのでちょっと補足しようと思います。
心応理はヒプノの効果を最大限利用して自分を改造していくメソッドです。
浄化編は心理的側面を中心に学んでいただきます。
苦しみを嫌悪、孤独、不安に分けて悪縁を引き寄せる原因を特定消化し、良縁を引き寄せられるよう潜在レベルから変え、これによって運命に大きな変化をもたらします。
もちろん個人差はあります。第一回目終了時からいきなり長年悩んでいた悪縁が断ち切れる人もいれば、講座修了され5年ぐらい経ってから気付くべき事に気付かれ、変化が起こり始めて、講座の内容の本当の意味がやっと理解できたとメッセージを頂く事もあります。
この辺りは人それぞれの情報の壁の厚さによって差は出るので、何でもかんでもすぐに思い通りになるものではないのでご了承ください。

昇華編はスピリチュアル的側面が中心となります。
昇華編最初の第5回は動物霊などの低級霊対処法が主な内容になるのですが、低次の霊に憑かれていると何故かこの第5回が急に受講できなくなったりすると言ういわくつきの回です@@。
動物霊って何?って方は以下の記事を参考にして下さい。

≫ゆらとふるへ「霊能者とは」
≫ゆらとふるへ「ヒーラーさんを信じていいのか」

昔からここれんねをご存知の方には今更の話ですが、私は低級霊に憑かれた人と接すると寒気がして手が震えます。
たまにお客さんと接して手が震える事がありますが、基本的には気付かないフリをします。不安がらせるだけなので。
本人から自身の異変に気付いていて話をされた時だけ、本人に伝えて一緒に対処していきます。

しかし、あきらかに自分が低級霊に憑かれるはずはないと考えている様子の人は難しいレベルなので、さりげなく心応理講座を勧めるだけにします。
心応理の第5回がこう言った動物霊などの対処法を中心とした回になってるためです。
憑かれているとこの第5回が受講出来なくなると言うのは、憑いてる存在が邪魔をするんでしょうね。
上記の2つの記事も動物霊などに憑かれていると読めなかったり、読んでも頭に入らなかったりするので一つの目安になります。

第5回さえ乗り越えられると後は楽です。最終回では高次の存在と安全にアクセスする手法を教え一緒に実践します。
高次に化けた低次の存在と、本当の高次の存在との違いをしっかり理解して頂きます。
ヒプノはインナーチャイルドから前世、来世まで。最終的に3分で前世を見る短縮瞑想もあり、これは慣れると気になる人との前世での関係が瞬間的に見れるようになるので好評です。
そんな感じで心理面、スピリチュアル面の両面からトータル的に自分を変えたいと言う方にお勧めの講座です。

さて今回思いっきり妖しい話を書いてしまいました。
果たして私自身は大丈夫なのでしょうか。いや、あんまり大丈夫じゃないですね。
これからも時々管理人妄想劇場が上映されるかもしれませんが、読み終わったらスッパリ忘れて現実生活に戻りましょう。

なお、「あそこの神社の神様は私に何か言ってますか?」と聞かれても「前世見るならここれんねと言っています」としか答えられないのでご了承ください。

梅宮大社(木乃花咲耶姫)の巻

「観光スポット」と書いて「パワースポット」と読む。ここで紹介するのは、アチラの世界の話が中心です。
アチラって、どちら?と思われた方は、手遅れになる前に、黙ってブラウザーの「x」ボタンを押して、コチラにとどまる事をお勧めします。

今回も話が、ぶっ飛んでるので、ご注意下さい。あくまでこれは私の中の妄想です。
端から見れば危険です。ただ本当に危険なのは「依存」です。それは占いも宗教もゲームも何でも同じです。
占いや宗教、ゲームそのものが危険ではないのです。参考的な考えとして、ゲームなら遊びとして現実と区別できれば何も問題ありません。そこにハマって依存するようになって、やめられなくなると、現実に支障が出て危険なのです。
なので、ここからは、ちょっとだけ妄想に浸って、読み終わったら、さっさと現実に戻るつもりで読みましょう。

今回は、梅宮大社です。神社そのものを紹介する前に、私がそこにたどり着いた経緯から。。
以前にも書いたように、毎朝、場を清めるために、供養の祈りなどを行っているのですが、時々その最中に、知らない神さんが現れる事があります。
2年ほど前も、何かを伝えようとしてる女神さんが現れて、最初のうちは誰か分かりませんでした。ただ漠然と「明るい綺麗な楽しい感じ」と言うイメージだけが伝わってくるだけでした。
こう言う時って、多くは、そう言うのが見えるお客さんが現れて教えられたり、あるいはキーワードとして、お客さんからその神さんの名前を聞かされて、もしや?と気付くケースが多いです。

普通は、こちらから誰だろうと、あんまり調べたり積極的に動く事はありません。
それは、いつも言ってるように、たまーに低級霊が神さんに化けて近づいてくる事もあるからです。自分の場合普通は、そういった低級霊の場合、まず体が震えるので、すぐに分かるのですが、あんまり悪意の無い低級霊もいて、そう言うのは感覚が微妙で分かりにくくて、すぐに気付けない事もあります。
基本的に低級霊は人間の依存心を利用して「私だけがアナタの見方」みたいな「私だけがアナタを守れる」的な、人間にとって都合のイイ形でアピールしてくるので、そう言う感じで近寄ってくる存在は要注意です。
神さんを低級霊かも知れないと疑う事は、なんだか人間の立場として失礼の様な感じもあり、祟りやバチが当たりそうですが、所詮バチを当ててくる時点で、その神さんは、それほど高次元の神さんで無い事が分かりますし、高次の神さんであれば、そう言った見極めの姿勢に対しても理解があります。
なので、基本たんたんと、アチラの方々は、あくまでアチラの世界の方々。コチラの我々は、あくまでコチラの住人として、一線を引いて距離を保つ事も私は大切だと考えて、そんなスタンスで接しています。

ただ2年前のその時は、お客さんからヒントが出てくる前に、やたら花のイメージが浮かんできてたので、すぐに「木乃花咲耶姫」と言う名前が自分の中で出てきていました。
昔、古事記とか読んでた時に、えらい分かり易くて覚えやすい名前の神さんだなと思って覚えてしまっていた名前でもあったので、最初はそれで浮かんでくるだけかなと思っていました。
でも一応と思い、供養の時に、その名で呼びかけてみました。するとグッと大きくさらに近寄ってくる感じがあったので、これはやっぱり「木乃花咲耶姫」で間違いないなと確信に至りました。(ちなみに違っていたら、呼びかけた名前が、スカンッ!って感じで、ひっかからずに虚空に消えてしまう感じになります。)

じゃあ、何で現れたのかなと思ったのですが、その辺がハッキリ分かってきたのは、去年になってからでした。5月頃になって、以前にも増して木乃花咲耶姫が強く近づいてきてる感じがあって、何かあるのかなと思っていました。
そして、ある時「京ひぷの」のグループワークの最中、時々私もお客さんを誘導しながら体験するのですが、その時はハイヤーセルフとして木乃花咲耶姫が現れました。
その頃は事務所の引越しと同時に「京ひぷの」のリニューアルを本格的に検討し始めていて、その辺に関わるヒントをもらえればと思っていたのですが、木乃花咲耶姫からのメッセージは「引越し先を決める前に京ひぷのの次の名前を考えてみて欲しい」と言う事でした。

なので、名前について真剣に考え始めました。最初はワークの「心象応映理学講座」をいずれ中心に持ってきたいと考えていたので略した「心応理」でいこうかなと思っていたのですが、ちょっと硬い名前過ぎるなて言うのもあって気にはなってました。
で、色々考え始め、とりあえずヒプノと言うスタンスから瞑想と言う感じに変えたかったので、「京ひぷの」の「ひぷの」の部分は外したいと思い、「京たわわ」とか「京めいそう」とか考えてました。でもお客さんに「たわわちゃん」ってユルキャラがいるからカブりませんかとか、「京迷走?」とか言われ、なかなかシックリきません(笑)。

その辺を供養の時に、木乃花咲耶姫に聞いてみると「一度来てみて」って感じの答え。「来てみて」って‥木乃花咲耶姫を祭っている神社に来てって事?

木乃花咲耶姫と言えば、富士山の浅間大社。…ちょっと遠すぎます。
京都で祭ってる所無いのかなと思い調べると、一応3つほどありました。

その中で、特に気になったのが「梅宮大社」でした。と言うのも、実は私が小さい頃に通っていた保育園が、この梅宮大社のすぐ近くの保育園だったんです。これは何か、ただの偶然ではないぞ。元々縁があったって事かも‥と思い、ちょっと懐かしさもあって、早速この梅宮大社に行ってみました。

さて、ようやく梅宮大社が出てきました。場所は京都の西側。阪急で言えば嵐山線の終点、嵐山駅の一つ手前、松尾大社駅で降ります。桂川を渡って5分ほど歩くと看板が見えてきます。ちょっと入り込んだ静かな所にあり、参拝客もそれほど多くはありません。

梅宮大社

祭神は、大山祇神(オオヤマズミノカミ)さんと、その家族、親戚って感じでしょうか。木乃花咲耶姫も祭られています。

最初入った時は、木乃花咲耶姫が出てくるかと思いきや、男の神さんがドンと強く出てきて、あれっ?と思いました。
あんまりよく調べずに来たので、最初は神社を間違えたかなと戸惑いましたよ。。。

が、すぐに看板の祭神を確かめて、あ、咲耶姫のお父さん、大山祇神さんが出てきたのかと気付きました。
そう、梅宮大社は、木乃花咲耶姫のお父さん「大山祇神」さまがメインなのです!大変失礼しました^^;

その大山祇神さんの隣に現れたのが、木乃花咲耶姫でした。祭神を見ると他にも咲耶姫の旦那さんとか、親戚の方々とか色々祭られてる感じでしたが、個々に集中するのも大変なので、その他の神さん方については詳しくは分かりません。
省略するな!と怒られそうですが、ここは神様の御心の広さに委ねましょう。。

本殿を参った後、何か名前のヒントは無いか、木乃花咲耶姫に尋ねてみると、「右へ右へ」と言われてる感じがあって、ちょっと右の方に行ってみると、神苑の入り口がありました。係りの人が立っていて話を聞くと、今の時期、色んな花が咲いているので見頃との事で、ちょうど神社を撮るつもりでカメラも持ってきてたので、ちょっと入ってみる事にしました。

なんか本殿の方は、ほとんど人が居なかったのに、こっちの神苑には結構人が入ってました。特に何か三脚持参でカメラ好きそうな人が、結構沢山来ていて写真を撮っていました。
花は全然詳しくないですが、案内を見ながら私も色々花をみて行きました。

梅宮大社

私としては、京ひぷのの次の名前を考えねばと思ってたので、何かヒントは無いものかと、一つ一つの花の名前をみてヒントにならないかなぁと考えながら回ってました。

案内を見ると「咲耶池」ってのがありました。
行ってみると、池に沢山の緑の葉っぱ。えーっと、これは…詳しく無いので分かりませんが、多分、蓮の一種でしょうか。
正直、花が小さくて、緑の方が目立つので、なんか地味だなって思ってしまいました^^

梅宮大社

そんな感じで、まぁ沢山の花を一通り見て回って、帰る事にしました。

さて、帰ってきてからも、結局名前は浮かばずで、ちょっとガックリ。
でも木乃花咲耶姫は「気分転換になったでしょ」「名前はね、花が咲く様なね、ふわーっでいいのよ、ふわーっで」見たいな、何か意外とのほほんとした感じの事を言われて、何か余計にわからんくなってきたけど、やっぱり「ふわわ」とか「ぽわわ」とかかなぁと考えていました。
木乃花咲耶姫は、ニコニコしながら「そのうち浮かぶよ」って感じでした。

その2~3日後でしょうか、もう一日かけて名前を考えてました。で、あらためて梅宮大社の神苑で撮った写真を色々見てました。
で、気になったのは、あの「咲耶池」です。
何となく咲耶姫の見せたがってた物が、あの「咲耶池」の様な気がしてて、調べるとあそこに咲いてたのは睡蓮だったっぽい。

睡蓮って、やっぱり蓮の一種でしょうか。花としてはパッとしないから、あんまり気にしなかったけど、蓮と言えば、よく仏さんの台座としても描かれるし、ちょっと神秘的な匂いがするので、次にこの蓮華について色々調べ始めました。
そして、ネットで面白い話を見つけました。

泥水の中で美しく咲く蓮の花は、昔から仏様の象徴として知られていますが、その蓮の花が咲く時、ポンと音がすると言う言い伝えがあるらしいのです。
なんでも、この音を聞くと悟りをひらくとか、極楽浄土にいけるなどと言われているらしいのです。

面白いと思って、そんな音なら、ちょっと聞いてみたい!・・と、早速YouTubeで検索してみました。
しかし、「これかな?」と言う動画はあっても、撮影してる人の雑音の様にも聞こえるし。「これか!」と言える様な動画が全然見つからない。
長年、蓮に関わる人でさえ、そんな音は聞いた事ないとか。多くの人が、たまたま池に跳ねる魚や蛙の音に過ぎないと言う意見が多数派のよう。まぁ、でもそれぐらい謎めいていた方が、ロマンはある。

で、そんな蓮の開花音。「ポン」と音を立てて開く、悟りにいたる・・そんな言い伝えを、心の「気付き」に喩えて、名前を考えられないかと思い考えました。
「蓮のポンと開く音」「ハスポン」…ちょっと消臭剤くさい。
「蓮華の開く音」「蓮華音(レンゲオン)」…なんかアニメのロボットっぽい。
輪廻とかけて「蓮音(れんね)」「京れんね」…ちょっと近づいてきた感じ。でも将来的には京都に限定したくない。
「京」も外して「れんね」だけだと何か物足りない。
心の気付きがテーマだから「こころれんね」…ちょっと語呂が悪い。
「ここれんね」…これか?これでいくか??

って感じで、ようやく「ここれんね」と言う名前に辿り着いたのです。
木乃花咲耶姫も「OK~」って感じだったので、これで行く事にしました。

「京ひぷの」の時は、京都でヒプノ、京ひぷのだ!と、結構安易に瞬間的に浮かんだのですが(笑)。
今回は結構時間がかかりました。でも時間が長くかかった分、長く使える名前になるとイイかなと思ってます。

あらためて思えば、梅宮大社の神苑「咲耶池」のハスが、きっかけで辿り着いたので、木乃花咲耶姫のおかげです。
梅宮大社に行くなら、木乃花咲耶姫ですから、花の咲く時期を調べておいて、この神苑を見るのもお勧めです。

でも、梅宮大社の祭神のメインは咲耶姫のお父さん「大山祇神」さまです!そこは、お忘れなく^^。

さて、次回は今回の木乃花咲耶姫の話に続いて、木乃花チル姫について語ります。
古事記を読んだ時から、個人的には、なんて可愛そうな神様の話だと、むしろ木乃花チル姫の方が気になってたものです。
今回、木乃花咲耶姫と繋がりが出来た関係で、妙に木乃花チル姫の方も気になり始めて、結果、木乃花チル姫とも繋がりが出来ました。その辺の妄想物語を次回詳しく書きたいと思います。