グループワーク

概要

グループワーク

注:これはグループワークのイメージです
人間以外の方々の参加はご遠慮下さい

ここれんねの各種グループワークは全て「自分で自分を癒す」をテーマに、行っています。
どのワークも、カウンセリングとヒプノセラピーを組み合わせる形で実施しています。
日頃の悩みや気になる事、好きな事を話して頂き、色々な前世を楽しみながら、受けるほどに心が軽くなってくるので、単純に前世を楽しみたいと言う方にもお勧めですが、今の自分の心を軽くしたいと言う方にも、お勧めです。

現在、グループワークは、以下の様に「れんね誘導瞑想」と「心応理学講座」の2つがあります。
また、ヒプノセラピーとは別で、様々なグループワークイベントを行う「特別イベント」があります。
詳細については、「特別イベント」を参照願います。

れんね誘導瞑想
個人セッションの場合、セラピストがクライアントの状態に応じて、臨機応変に的確に対応が可能です。
ただ、それでもブロックの厚い方や、消化すべき問題を沢山抱えている方の場合、何度も受けないとなかなか感情の吐き出しに繋がらなかったり、納得いく答えが得られない事もあります。
高価な個人セッションを、何度も受けるのも現実的ではないという方もおられるでしょう。
そんな方の為に、出来る限り低価格で、気軽に前世を体験しながら、同時に受けるほどに心が軽くなっていく様に企画したのが「れんね瞑想」です。
また、れんね誘導瞑想は、最終的には自分で前世を見れるようになる事を目的として構成しています。その為の専用講座も現在企画準備中です。

≫「れんね誘導瞑想」詳細へ

心応理学講座
こちらは講座です。様々な自己の苦しみの消化法をまとめた「旧エリアシフト講座」を元に、もっと一般の人にも分かり易いよう再構成しました。現在テストモニター進行中。
8月頃正式スタートの予定。もうしばらくお待ち下さい。

≫「心応理学講座」詳細へ

グループワークの流れ

グループワーク
  1. 開催日時を確認してフォームから予約を頂いて参加が決まったら、当日は直接お越しいただきます。場所は通常アトリエPUJAにて行います。
  2. グループワークでは、最初に料金をお支払い頂きます。
  3. どのワークもカウンセリングワークが付いて来るので、簡単にカウンセリングの手法を説明します。その上で、参加者の自己紹介から始まります。
  4. ワークのテーマに沿って、講義やカウンセリングを行います。
    「ここれんね」が始めての方は、合間に簡単なテストワークを行います。
  5. ヒプノセラピーを行う前に、簡単な練習ヒプノを行います。
  6. カウンセリングを通して、今回のヒプノのテーマを絞ります。
  7. ヒプノセラピーを行います。
  8. 最後にシェアを行い終了です。

料金

基本料金は以下の通りです。

施術名称施術時間税込料金定員数予約可能日時受付状況備考
れんね瞑想およそ3時間半3000円4名次回未定募集未定リクエストは随時受付中です
心応理2018年A第二日曜クラス(全8回)各回およそ4時間各回6000円4名2018年5月13日(日)~
現在進行中(毎月第二日曜13時)
募集終了
心応理2018年Bクラス各4時間各回6000円4名次回未定(希望者募集中)受付中ご都合に合わせて企画いたします。ご相談下さい。
ゆるゆるタロット
-グループワーク
およそ3時間(1人当たり1時間弱)3000円3名次回未定募集未定リクエストは随時受付中です
ゆるゆるタロット
-個人セッション
1時間前後4000円1名平日14時、あるいは平土日19時受付中お問合せ-グループワークよりお申し込みください

割引クーポンアンケートサービス:実施中(終了未定)

個人セッションの初回無料テストワークを省いた全てのセッション及びグループワークで次回1000円割引となるクーポンアンケートを発行いたします。体験内容を記入いただいて、次回来店時あるいは、クーポンを利用されたい時にご持参ください。2枚以上の同時利用は出来ません。

2018年トラワレリンネ割引サービス:実施中(2018年12月末で終了)

書籍「トラワレリンネの覚書」をご購入いただいた方は、ここれんねの全てのセッションあるいはワークを、1度だけ割引いたします。
セッションやワークを受けられる時に、マヨちゃんの好物とツンちゃんの嫌いなモノを答えて下さい(本書p52参照)。
その場で1000円割引いたします。割引は2018年中、一度だけです。割引クーポンアンケートとの併用も可能です。
≫販売書籍-トラワレリンネの覚書

ひとくちメモ

多くの方が、普段の会話の中で「気持ち」を表現する事は、少ないと思います。どこそこの店が美味しいとか、あのドラマが面白いとか、情報交換的な会話がメインでしょう。

しかし情報の会話は、いくら喋っても、一時的に喋りまくってスッキリしたような錯覚はあっても、実際に心が軽くなる事はありません。
心を軽くするには「感情表現」を含めた会話が出来るようになる事が大切なのです。
「うれしかった」「悲しかった」「寂しかった」と言った表現です。
こう言った「感情表現」が自然に出来るようになると、心にストレスを貯め難くなり、自然と心も軽くなってくるのです。

ここれんねのグループワークは、単純に前世を楽しむだけでなく、こう言った心を軽くしていく事を最終目的としながら、参加者同士のカウンセリングにも力を入れています。
なので、ワークの最初に「ワーク内で話された内容は、本人の許可無く第三者に喋らない事」を約束して頂いています。

そうやって普段の生活では、話せないような事を話してもらって楽になって頂く。一人で考えてると頭がグルグルしてしまう事も、人に話すと案外なんでもなかったなんて事もよくあります。
前世を楽しみながら、同時に心が軽くなっていく過程を、ぜひ体感してみてください。