1920年代と中国に強く心惹かれる理由が…

1920年代と中国に強く心惹かれる理由が知りたくてヒプノを受けました。

始め とりとめなく中国の風景が見えるだけで不安になりましたが、リラックスする様心がけると徐々に前世の自分の幼少期、少女期、成人となった後姿が見え、当時の夫、住んでいた家、癒しの場所だった教会などが見えました。

ただ見える映像はとても薄暗く、細部はよく見えるのに全体像がはっきりと見えませんでした。
自分の記憶の中を彷徨っているそんな感じがしました。

次に場面が突然変わり青い空に白い入道雲が見えました。
その時、私が語った言葉は「雲がギリシャ神話の女神…(私は)ギリシャ神話の服を着ている…ゼウス
…戦争…山が噴火…足がすくんで動けない…火山灰が迫ってくる…神様が怒ったと思っている」などです。
もくもくと空一面が火山灰に覆われ、灰に埋まる感覚がありました。

翌日、唐突に「アトランティス」という気がしたのでWikipediaで調べると符合する点が多く驚きました。

その後また先程の中国に戻ったのですが、 突然、私の口から「どうしていいのかわからない。シンガポールに行くなんて」という言葉が飛び出しました。

私自身、頭の中で『シンガポールって何?』と思っていました。
更に子供を亡くした悲しみを語る言葉も私が考えて話した物ではありませんでした。

セッションを受けてから私はひとつ前の前世が、1920年代、上海に住んでいたフランス人で、当時の家族が現在の家族でもあると理解しました。

「家族の再生」が今世のテーマである事も…。

今回受けたセッションに満足すると共にとても感謝しています。