正直体験できるか不安でしたが、練習もして…

正直体験できるか不安でしたが、練習もしてくださり安心してリラックスして受けることができました。
私の子供の次女が前世の記憶を沢山持っておりその確認と私と次女の関係性を知りたくてセラピーを受けました。
私の場合は昔の名前もわかりましたし、場所は地図上で表示されるし、時代年号、何代前の前世かとかもモニターみてるみたいにわかりました。

戦国到着時、眼下には凄く高い山脈が見えました。

懐かしすぎて、まず1回目の号泣。

その時の服装は上から下まで立派な黒ベースの鎧で緑や赤の紐?みたいなんで編んである?飾ってる?って感じでした。

その後、父と話すのですが、2人してかなり落ち込んでいて絶望していてそこで2回目の号泣。父は次女でした。

この人生で1番うれしかった事は嫁に子供が産まれた事。この時期は戦国人生で最高に幸せな時期で子供と遊んだりゆっくりのんびり家族と過ごしたりして日々を楽しんでいました。

人生の1番のビッグイベントは鎧着てただけに戦闘でした。馬に乗ってすごい勢いで突進して戦っていました。

子供の頃は小川で兄ともう1人性別がわからない子供の3人で遊んでいました。兄は実の母でした。

父(次女)から呼び出され、どっかに出張?してこいって言われて、その言われた事が凄く嬉しかったみたいです。

喜んで出張先に行ったんですが、残念ながらあまり良い待遇は受けてなかったのかもしれません。刀を目の前に突きつけられて脅されてるシーンが見えました。

でも、何よりも父の役に立つ事をするのが生き甲斐だったみたいです。

10代後半ぐらいの時に父と母になんかの儀式?でぎゅーっと抱きしめてもらえてそこで3回目の号泣。

最期は武人らしく?切腹してました。首も切られていました。

そしてあの世に行きハイヤーセルフさんに会いました。

ハイヤーセルフさんはなぜか石の観音様。

『(戦国時代)よく頑張ったね』と言われ4回目の号泣。

ハイヤーセルフさんに少し未来の今生に連れて行ってもらいました。

そこには今となんら変わらない落ち着きのない長女と、反抗期真っ盛りで不満そうな顔してる次女と影の薄い旦那がいて、今と違う新しい家に住んで普通の生活をしている場面でした。

ハイヤーセルフさんから『親のためばかりに生きるのではなく他の人の為にも生きなさい』とメッセージをもらいプレゼントに『揺るがない心』を頂きました。

ハイヤーセルフさんからのメッセージはまさに今生の私のテーマだと最近思うようになっていたことでした。
このテーマをクリアするために必要なことは『揺るがない心』でした。
今自分が向かっている方向性に間違いなかったと思えるようになり、自信がつきました。