今まで、真面目に生きていることが正しい…

全体を通しての感想


今まで、真面目に生きていることが正しい事と信じて生きていました。40代で手術をした時、病気になるまで思いつめていた自分に気が付きました。でもどうしていいか解らないまま、子供が転校したり、311の震災がありました。家族関係がどんどんぎこちなくなっていきました。

本を読んだり、ネットをいろいろと検索しているうちに、こちらのHPを見つけました。その時は、行くかどうか迷いましたが、エリアシフワーク5回に参加しました。それから、2年後、今回のテストモニターに6回参加させていただきました。

一番よく見たパターンは、両親が不仲、自分は跡取りの立場でした。さらに跡取りとしての達成感はありませんでした。両親には期待され、自分は応えようとしているのですが、暗殺されたり、病死したりしていました。この辺りのトラウマがつらい思いとして無意識に感じているような気がしました。

このパターンを見たからといって、すぐ苦しみから解放されるわけではありませんが、自分のとらわれていることを自覚できることは大変意味があると思います。こうして少ずつ前向きになっていけると良いと思います。

エリアシフトワークは、一人で参加するクラスでしたが、今回はグループだっだので、皆さんといろいろシェアできて、気づきも与えていただけてよかったです。また、紅葉の季節とも重なって、社寺のライトアップなども観光できました。何回かお会いして仲良くなったり、楽しい京都旅行となりました。先生、ご一緒した皆さん、ありがとうございました。また、しばらくしたら京都に出かけてみたいです。

【瞑想:5回目】国:フランス|時代:1604(5?生ほど前の前世)


フランス人、1604年頃、5つ前?くらいの前世。農民の長男でした。
小さい頃は、やさしい両親に世話をしてしてもらって、食事をしたり、楽しく暮らしていました。
年頃になると近くの町へ出て、遊びを覚えてしまい、ろくに家の手伝い(畑仕事)をしなくなります。両親にひどく怒られますが、怠けグセがついて手伝いません。
ある日、婚約者から、こっぴどく叱られ、別れてしまいます。彼女が去って行った感じです。
その後、怠け者と結婚したい人など現れません。50代で病死します。もう、両親はすでに他界していました。やさしい村人達にみとってもらいます。

畑を荒らして、貧乏になってしまい、両親に親孝行できなかった後悔をしています。やり遂げた事は何もないです。

今世への影響は、イモ虫や毛虫を見ると嫌悪することです。見境なく悲鳴をあげる事もあります。虫だらけになるまで畑をほったらかした自分への嫌悪感のようです。虫を見ると、その時の愚かな自分を思い出してしまうのかもしれません。

【瞑想:4回目】国:空中|時代:?(10か100生ほど前の前世)


今回ガイドに案内してもらう方法で誘導されていきました。
・・・・・・
今まで、真面目に生きていることが正しい…
今まで、真面目に生きていることが正しい…

【瞑想:3回目】国:スペイン北部 海|時代:3(8生ほど前の前世)


スペイン北部の海の近くに住んでいる。
・・・・・・
今まで、真面目に生きていることが正しい…
今まで、真面目に生きていることが正しい…

【瞑想:2回目】国:古い時代のウィーン|時代:不明(5生ほど前の前世)

古い時代のウィーン。オスマン帝国と思いましたが、ウィーンまで、オスマン帝国だったかわかりません。
名前はマリー。白人のようですが、髪は黒でした。黄色のような、ベージュのようなドレスをきています。
躾の厳しい貴族の家に生まれ、兄弟は不明ですが、子供同志遊んでいるところもありました。勉強などしっかりさせられ、たんたんと暮らしています。
両親にたいしては、あまり出てきませんでした。時代的にそういうものだとあきらめている感じです。

年頃になると、たぶん、親にいわれたとおりに結婚します。当時はそんな時代だったのでしょう。でも、仲よく暮らしています。子供はいませんが、食堂で夫とご馳走を食べています。

辛かったことは、夫が戦争にかり出されて、戦死したことです。途中がよくわからないのですが、一人で山奥に住むようになります。召使が何人かいるので生活には困りません。

だんだん足腰が弱り寝込んでいきます。
老衰か病死かわからないです。身の回りの世話をする人が丁寧に葬ってくれました。

ハイヤーセルフは、光の塊でした。何も言ってくれませんでしたが、こぶし大のパールをくれました。なんだか元気の塊をもらった気がしました。

今の自分と比べると今世は夫も子供もいて幸せなのですが、この幸せがいつ失うかおびえる時があります。何も問題がないのに、幸せに暮らしているのに、いつかは本当の一人ぼっちになると想像してしまう。

未来は、国も時代もわかりませんが、結婚して本当に幸せに暮らしています。子供たちが独立して、夫が亡くなったあと、人の悩みを聞いたりして、癒すようなことをしています。沢山の人が私を訪ねてきていました。
こんな幸せになれたら、いいなぁって感じでした。

【瞑想:1回目】国:古代ローマ|時代:158(8生ほど前の前世)


古代ローマ帝国の領土が一番広かった平和な村。 時代は158と見えましたが、これが古代ローマ帝国の年号と一致するかどうかわかりません。8つ前の前世。 最初は、白い服を着た金髪の女の子でした。
・・・・・・
今まで、真面目に生きていることが正しい…
今まで、真面目に生きていることが正しい…