体験談

今回、こちらでヒプノセラピーをお願いした…

今回、こちらでヒプノセラピーをお願いした理由は2つありました。
私はすぐに人を嫌ってしまいがちで、他人になかなか好意を持つことができないため、その理由を知りたいということと、自分が本当は何をやりたいかがわからないのでそのヒントが得られればというものでした。

今回は、前世フルセッションをお願いしました。
きちんと見えるのか不安でしたが、冨嶋さんに誘導していただき、過去生回帰では、日本らしき山奥の斜面の風景が見えてきました。
どうやら自分は狩猟をして山の中で暮らしている男の人で、猟銃か刀のような細長い武器を背負っており、小さな山小屋で生活しているようでした。
普段の自分の嗜好からすると、てっきり海外の風景が出てくると思っていたので、日本の風景が出てきたことはとても意外で、自分としては「何これ?」と少し動揺しました。

でも、その後も丁寧に誘導していただいて、見えてきたのは、非常に孤独な人生でした。一時は妻と娘がいながらも、二人に先立たれてしまい、ずっと山の中で暮らし、一人で死んでいった男の人でした。
ただ、本人のとらえ方は、そうした孤独な人生をかなり楽しんでおり、孤独が嫌だとは思っていないようでした。
自然のみに対峙した生活に対する満足感が伝わってきました。人里の中で生活していないことについて、逆に良い思いをさせてもらっている(無駄な苦労をしていない?)と思っている気持もあるようでした。
でもこの人生では、ゆっくり休ませてもらう(=孤独に生きる)、と選択していたようでした。

この過去生からは「自分がなぜ人を嫌いになりがちなのか」というその理由自体というよりも、どうやら自分はもともと一人でいることがとても好きな人間なのだということがわかりました。
この過去生に比べれば、今の自分は大勢の人間の中で立派に社会生活しているな~、と自分をほめてあげたい気持ちになり、逆にとてもすっきりしました(笑)。

そのあと、ハイアーセルフセッションと未来巡行をしていただきました。
ハイアーセルフは花のようなイメージではっきりとは姿が見えませんでしたが、質問に対する答えは、映像・イメージがぼんやりと浮かぶような形で出てきました。
ハイアーセルフからは「他人と比較するな、ひとりひとり違っていて当たり前」という、先ほどの過去生から得た印象を補強するようなメッセージを得ることができました。

未来巡行では、穏やかで満たされた気持で週末を過ごしている自分の姿が浮かび、ちょっと嬉しかったです。
自分がやりたいことは何か、についても、今の仕事等の延長線上にあるようなイメージが浮かび、少しこの方向を極めてみようかな、とヒントを得ることができました。

ヒプノセラピー自体は過去にも受けたことがあり、何らかの映像は浮かんだものの、今回のようにきちんとその意味がわかったのは初めてでした。
どういう意味でこれらの映像が浮かんだのか、その解釈ができるよう冨嶋さんに誘導していただけたのがとても良かったです。

どうもありがとうございました。

どれをとっても私の問題に当てはまりすぎて…

どれをとっても私の問題に当てはまりすぎて怖いです。
願望成就や引き寄せなど数多の書籍を読んで参考にしてきましたが、どれもうまくいかず…。器の小ささのせいもあるでしょうが、嫌悪と執着の強いのが一番の原因ではないかと思いました。

今自分が直面している問題は、なぜ今直面しているのか?
それはいま取り組むべきだからだと思います。そうして今なぜかこのシフトエリア講座を受けることができているのも、この問題を乗り越える為のヒントが与えられていると思えば、これはきっと、この問題に対して多いに活用せいよ、ということなんだろうなあ~。

嫌悪の克服や執着の克服、わかっているんだけどうまくいかない、やっていない、というところに、結構日常少しずつできそうなコツコツした対策が提示されていて、それなら、ちょっとずつやっていけそうな…。

講座を通して、「感情の開放、言語化」を言われていたのが印象的です。
あれだけべらべら喋っていてなんですが、私はのどのチャクラに詰まりがあるようで、実は言いたいことは言えていない…たぶん自己実現の問題もあるでしょうが。

感情を、日記につけるのをやろうと思っているんですが、なぜか抵抗があるんです。なんでだろう??
でも、もうノートは用意しましたので、ちょっと、えいやっと、やってみたいと思っています。

いま状況を、保守的に選んでしまって、また元の用になってしまっているのが気になっています。やはり、自分で変えなければ何も変わらないのだと痛感しています。

少しずつ、教えてもらったことをやっていこう。やったことは、ノートにつけてみます。
変化が起これば、また報告します!