妖精を捜す旅(わりと真剣)

以前、このサイトの写真を撮るのに、「はす畑」と「ひまわり畑」に行ったのですが、ひまわり畑が意外とすごく良かったので、先日あらためて友達を連れて、もう一度行ってみました。

そしたら、このサイトのプロフィールのページで使ってる(^^)顔のヒマワリが・・・。

燃え尽きた彼らの人生に熱いものを感じました。。。

しかし、花畑っていいですね。特にヒマワリなんかは、これだけ一面並んでると、近くにいるだけで、すごく元気を分けてもらえてる感じがありました。何でしょうね。人間がこんだけ並んだ「人間畑」だったら、近くにいるだけで、しんどくなってくると思うのですが(笑)。
自然の中の花は、沢山いても圧迫感がなく、押し付けがましさがなく、やさしく元気を分けてもらえる感じです。

ところで私は、このヒマワリ畑を見に行った時、同時にヒマワリの妖精を捜していました。
。。。。

健全でさわやかな花畑の話題から、また怪しい話題に皆さんを一気に引きずり込む事に、快感を覚え始めている管理人です。

実は、花畑を見に行く前に、ネットで面白い動画を見つけたのです。

≫「妖精の実写映像?」

一瞬ですが右上に飛んでいく妖精、わかるでしょうか。

Youtube見ると、怪しい動画は沢山あるけど、そのほとんどが、もう明らかにCGでしょってものが多くて、ガッカリさせられるのですが、この動画だけは結構ビックリしました。

特に、妖精の見え方が、煙の様でいて2次元的な所がリアルです。
昔、自分が幽体離脱中に見た妖精も、2次元的な、昔のアニメのセル画の様な見え方をしてました。
つまり影が無いんです。

人間界では、太陽があって、光があって、影も生じて、立体的に見えます。
でも妖精の世界は、妖精自身が光ってる感じで、体に影が出来ないので立体的に見えず、ペラペラの光る紙の様な二次元的な見え方になるんです。

また私が見たのは顔も無くて、でも表情は分かるんです。なんか、そう言った自分が昔見た妖精と同じ映り方なので、この動画を見た時は、すぐにこれはホンモノでは?と思いました。

私は、以前ゲーム関連会社で、3DCGなどの映像製作にも関わってたので分かるのですが、鮮明な実体のあるものを3DCGでモデリングして、既存の動画に合成するのは、最近の3D系のアプリを使えば、素人でも比較的リアルに出来るものなんです。
でも、上の動画は、何と言うか、微妙にリアル感のないリアルさが、リアルなんです(ややこしい)。
普通なら、もっと分かり易い映像になるし、ここまで微妙に分かりづらい映像を作るほうが結構難しいんです。

一応この動画を自分がCGで作るとしたらどうするかも色々考えてみました。
妖精の動きは、煙で作らないといけないし、それでいて羽根や両足の動きも微妙に分かる。これは3Dで作るには、手間がかかり過ぎる。
考えられるのは、普通の煙を別で撮影して、それを1コマずつ妖精っぽくレタッチして加工し、最後に花の映像と合成する方法か。
合成は、カメラは固定されてないし、3Dアプリ等を一旦通してのマッチムーブも必要。
さらに、色の馴染み方に全く違和感が無い所を見ても、下手するとまた最後に1コマずつ確認しながらレタッチしないといけない。
と、色々考えるが、やはりどう考えても話題性だけが目的なら、もっと簡単でリアルに見る者を驚かせる題材が、他に沢山あるはず。わざわざ、こんな微妙なリアルさの動画を、ここまでの手間をかけて作る意味がわからない。
そんな具合で考えた末、私の中では、やはりこの映像は、ホンモノだろうと思いました。

そう思うと今度は、こんな映像が撮れた事が、うらやましくなってきました。私も妖精の動画を撮りたい!
そう考えたのが、先ほどのヒマワリ畑に行く前だったのです。

なので、ヒマワリ畑に行った時は、一応、動画も撮ってみました。
妖精がいてもおかしくは無いなと言う空気はしてたのです。
何か撮れるかも知れない!そう思ったのですが、妖精らしきものは、全く映っていませんでした。
まぁ当たり前です。

でも、じゃあ、この人は、なぜ妖精が撮れたんだ?心の問題か?
私の心がもう大人になってしまって、子供の様な純粋さが無くなってしまったからダメなのか?
草花を見ても、まず食べれるかどうかを考えてしまう様な大人だからダメなのか?
もう妖精と波長が合わないのか?
なんだかホントに悔しくなってきました(笑)。

なので、私はここで「一人(頭の中が)お花畑クラブ」を作る事にしました。
表向き、色んなお花畑を見に行こう!がテーマです。
でも本当は妖精を捜して撮る為です!
そうです。
いつか妖精を撮って、ここで公開したいと思います。

花の種類とか全然分からないので、今色々調べています。
8月はヒマワリ畑でしたが、9月はダリア、ホテイアオイの畑が見れるようで、10月はコスモス畑でしょうか。
ホテイアオイと聞いて、最初にホタテガイが頭に浮かぶ様な今の私では難しいかもしれませんが、地道にちまちま花畑に行って妖精を探したいと思います。。

ちなみに私の前世の記憶の中でも、妖精界にいた時の前世も以前出てきた事がありました。
テーマは単純に「まだ見ていない面白い前世」と設定していたら、頭に緑の三角帽子を被ってる自分が出てきてビックリ!
服も緑で、靴の先も尖がっているんです!(笑)
自分で見に行きながら結構笑えました。
この記憶もそのうち「輪廻の海」の方で書きたいのですが、結構これは何だか恥ずかしくて勇気がいります。。。

今度のここれんねのグループワークでは、私は他に面白い次元での前世は無いか探ってみようかと思っています。
パラレルワールドって言いますからね。別のワールドに存在してた記憶とか、別の生物の記憶とか出てきても面白いかなと思うのです。

グループワーク「れんね瞑想」は、来週9月17日の木曜の夜7時から行います。
一応6名分で設定してるので、あと3名分まだ空いてます。
ここれんね(京ひぷの)が初めての方は無料で体験できます。興味のある方は是非お越しください。
なお、10月は、後半ぐらいに日曜日の昼間で、企画予定です。

—————————–

【れんね誘導瞑想】

日時:2015年9月17日(木)19時より~22時頃まで(3時間前後)
場所:上のメニューから交通アクセスを参照願います(メールで詳細をお知らせします)。
料金:2000円(初めての方は無料)

内容の詳細は以下から
≫れんね誘導瞑想

—————————–

と、うまい具合に計算されたかの様に「ここれんね」の宣伝に、話が繋がった所で、今回の日記を終わろうと思います。