ミッドナイト念仏?

熊本地震、現地の方々には、ホントに心からお見舞いを申し上げます。
私の親戚は、鹿児島で離れてはいましたが、結構怖かったと聞きました。
お客さんの中にも、九州方面からの方も何人かおられたので、ちょっと気がかりではあります。

ところで私は先日、友人に誘われて、知恩院で行われる「ミッドナイト念仏」なるものに参加してきました。なんとも怪しいタイトル・・。ようは、木魚を鳴らしながらひたすら念仏を一晩中唱えるイベントです。
最近は人が来るようになった様で、この日も行列が出来ていて結構入るまで待たされました。
18日の20時から始まって19日の朝7時に終了。私達は23時頃から朝まで参加しました。
100~200人ぐらい?知恩院の三門のお堂に集まって木魚をポクポクしながら「南無阿弥陀仏」を唱え続けます。
まぁでも学生さんや、会社帰りのサラリーマン風の方などもいて、私達と同様に「知恩院でそんな事をやってるのか?」と興味本位で来てみましたって感じの人も多かったです。

知恩院

私も最初は真剣に、これ以上災害が大きくならない様にと、日本の事を祈ろうと気合を入れて木魚をポクポクしだしたのですが、10分も経たないうちに「もうイイやん」「十分」「腕がだるい」「終電あるかな?」「誰か帰ろうと言い出してくれ」とか。これ多分、周りの人の思考が勝手に入ってきてるんだろうなぁと思いながら、なかなか集中できずボーっとしてしまい、気が付くと地面をポクポクしてる事に気づいて、ハッと目が覚めることもしばしば。
やはり30分ぐらいでみんなどんどん入れ替わっていって、しばらくは騒々しい落ち着かない空気とでも言えばイイのか、そんな感じでした。

それでも夜中の1~2時ぐらいか。終電も無くなり、もう朝まで居るしかないって感じの人だけが残って、これぐらいの時間になると、みんな無心になってくるのか、わりと集中しやすくなりました。座れる場所もボチボチ空いてきてたので、朝まで参加する人は、夜中の2時ぐらいから来るのが、ちょうどイイかも。

しかし今度は、寒さとの戦い。
4月も後半だからと、つい私も薄着で来てしまったのが失敗。京都の夜は、まだまだ寒い。しかもお堂の扉は開きっぱなし。なんともひんやりした空気が流れてきて、その上、人も少なくなってくるからとにかく寒い。
友人がホッカイロを分けてくれるものの、体全体はなかなか温まらず。夜中3時ごろ、休憩しようって話になって3人で外に出て、とにかく近くのコンビニに入って、温かい飲み物とから揚げを食べて、ちょっとマシになりました。

再びお堂に戻り、出口に近いから寒いんだと思って、真ん中辺の一番後ろに全員場所移動。でも今度は、背後に誰も居ないから、背中が寒い。
この時ばかりは私も人の温もりが恋しくなり、両脇に人のいる前列に私だけちょっと移動。背面には友人達が居る形で、これで少しは暖かいと思ったのもつかの間。またポツリポツリと右手に居た人達が帰っていき、左手に居た人も居なくなり、両脇が寒い!
夜明けが近くなると一段と冷え込む。さすって摩擦で時々体を暖めながら、木魚をポクポク。

そして朝7時ようやくお坊さんの説法を聞いて終了。
3人で朝食をとって解散。気が付けばもう9時。私は慌てて事務所に帰って、そのまま仕事。
そして夜は、また別の友人と飲みに行き昨日の夜になってようやく爆睡。
今朝ようやく日常に戻った気分です。

ちなみに今回ポクポクしながら、だれかアチラの方々は来てるかな?と意識をそっちにも向けてみましたが、あんまりよくわかりませんでした。まわりに人が多すぎたため?
あるいは仏さんって、そもそもあんまり向こうからアクセスしてくるものではないのかも。
日本の神さんも男の神さんはわりと物静かな感じが多いし、やはり反応が分かりやすいのは女神さん系で、仏さんも基本物静かなものなのかも。
きっと静かに見守ってくれている様な感じだったのかなとは思います。

でも、こんなこと書くのは良くないかもしれませんが、知恩院三門は以前にも友人と来た事があって、その時にも思ったけど、やっぱりお堂に並んでる黒くなった仏像は、かなりこれまでお祈りしてきた人の念と言うか依存心と言うか、そう言うのが詰まってて重い感じを受けました。
だから神道では、神さんを形で捉えない意味もあり、基本的に神像を作らないんだろうなと。
仏教も元々仏さんをイメージしやすい様に仏像を作り始めただけだったんだろうけど、いつの間にか祈る側もアチラの世界の仏さんではなく、目の前の仏像に向かって祈ってしまってるから、こんなに重くなってしまったのかなと思う。
それでも掃除が出来ると大分マシだと思うけど、古い仏像は特に木像なんかになると掃除も難しいのかな。
仏像に向かって拝む時は、仏像そのものではなく、仏像が表す仏さんがアチラの世界にいらっしゃるんだなと思いながら拝むことをお勧めします。

と、そんなことを色々思いながらミッドナイト念仏を終えた管理人でした。
ちなみに一緒に参加した友人の一人は、占いの長谷川さん。帰り際にタロットで占ってもらったら「『おもしろかった。でも来年はもう行かない』と思ってる」とカードに指摘されて爆笑。
確かに、これは1回体験すれば十分と思ってました。すみません。笑

さて、そんな読みの鋭いタロットの長谷川さん。
モニターで行ってきた「ゆるゆるタロット」を、5月から正式にメニューに加えます。
その上で、初回の正式ゆるゆるタロットは、現在まだ未定ではありますが、一応平日の5月26日(木)の午後に行う予定でいます。(単に長谷川さんが平日仕事休みなので予定しやすい)
平日が休みで、興味のある方は、開けておいて下さい。2回目はまた休日で企画予定です。
料金は1人3000円の予定ですが、最初のうちは2000円ぐらいからスタートさせます。
これもまだ未定です。
5月始めに、あらためてお知らせするので、しばらくお待ち下さい。
ゆるゆるタロットの個人セッションも検討中ではありますが、こちらもまだ未定です。

れんね瞑想の方も、平日を希望されてる方がおられるので、次回か次々回ぐらいに、平日で企画するかもしれません。これもまだ未定なので、お待ちを。
今月の24日(日)のれんね瞑想は、まだ1人分空いてますので、興味のある方はお早めに。

あと、心応理学講座の再開は、まだしばらく先になりそうです。
前回お話した出版予定の本の内容が、心応理学の入門書的なものになるのですが、こちらがある程度完成してから、それに沿って講座も構成しなおす予定です。もうしばらくお待ち下さい。

それでは、現在確定中のワークのご案内です。
=========================================
【れんね誘導瞑想(前世・未来体験ワーク)】

日時:2016年4月24日(日)PM2時よりPM5時頃まで(3時間前後)
場所:アトリエPUJA ≫交通アクセスをご覧下さい
料金:2000円(初めての方は無料)

・CD誘導にて前世をグループで体験できます。自分の前世や未来を知りたい、体験してみたいと言う方にお勧めです。
・内容の詳細は以下から
≫れんね誘導瞑想
※れんね誘導瞑想は「ここれんね(京ひぷの)」でヒプノを初めて体験される方は、無料体験として受け付けさせて頂きます。

=========================================
「グループワークご予約」フォームより、お申し込み下さい。
ご予約の前に「お申込みの前に」を必ず、お読み下さい。
≫お申込みの前に
≫グループワークご予約

個人セッションは、予約受付中(4/20現在、5/10以降、空きあり)。
≫個人セラピーご予約

その他、不明点などのお問い合わせは、総合窓口よりお気軽にお問い合わせ下さい。
≫総合お問合せ窓口