れんね瞑想について

2019年の個人セッションの募集を終了しました。
ワーク日との兼ね合いもあって、予約日自体が少ないので、申し訳ないですが埋まるのは毎年早いです。
問題が無ければ、また来年の夏前に募集出来るとは思います。

ただ基本的には前世を見るだけなら「れんね瞑想」で充分体験出来ますし、インナーチャイルドなど自己を見直すような目的なら心応理の方が早いです。
なので、個人セッションはあまり私自身必要性を感じていない面もあります。
あちこちで書いてる様に「自分で自分を癒せるようになってもらう」ことを目的に、商売と言うよりは研究目的でこのサイトを運営しているので、個人セッションは今後も縮小方向なのでご了承下さい。

さて、近々心応理講座の新規クラスを募集予定です。
現在進行途中のクラスが3つほどありますが、1つは今月末に終了し、残り2つは来月から合流して1つのみになる予定なので、恐らく11月頃に新クラスを企画します。
今月末か来月初めにはここでお知らせできる予定です。
その時に心応理の昇華編について、少し詳しく記事を書こうと思います。昇華編が気になるけど謎過ぎるという指摘があったので(笑)。

なお、もし心応理に興味のある方で11月前後で、都合などある方は希望日をリクエストしてもらえれば、出来る限り反映させる形で企画いたします。
遠慮なく直接お問合せ下さい。第2回以降は参加者皆さんの都合に合わせて決めていきます。

今回は「れんね瞑想」についてちょっと補足的に書こうと思います。
言ってしまえば宣伝記事です。管理人の妄想劇場を期待されてた方はごめんなさい。
私が危険人物扱いされないようギリギリの所で食い止めるべく今回は辛うじて?現実的な記事になります。手遅れかも知れませんが‥。

※写真は記事と全く無関係です。
ここれんね-れんね瞑想

れんね瞑想は、前世体験そのものを目的としたワークですが、基本的に出来るだけ情報の壁が緩むように、参加者同士での対話が中心になります。
この辺りは心応理講座でも同じです。
「小さい頃、サンタクロースの正体に気付いてしまった時の話」「親にすごく怒られた時の話」「恥ずかしかった話」などテーマを決めて一人一人話せる範囲で話していただきます。
毎回最初は例として私が子供の頃の話をするのですが、そうすると皆「そういえば‥」と言った感じで話し出します。
もちろん思い当たらなかったり思い出せない場合は最近の話でもいいし、話したくない場合は何も話さなくても大丈夫です。

何故そんな思い出話をするのか。それは今の自分の様々なブロックが幼少期にあるからです。
大人の場合、顕在意識と潜在意識との間に分厚い壁があり、この壁のせいで潜在意識にある前世の記憶もなかなかストレートには出にくかったりするのです。
しかし小さな子供はまだ顕在意識と潜在意識との間の壁(ここれんねでは「情報の壁」と呼んでいます)が出来上がる前であったり、薄かったりするので潜在意識にアクセスしやすく前世の記憶も出てきやすいのです。
なので小さい頃の事を思い出して話してもらうことで、この「情報の壁」が緩くなる状態を作っていきます。

また、小さい頃の特定の話をすると、そのクラスの参加者全員が似た様な経験をしていたなんて事もよくあります。
そんな共有できる要素が見つかると「自分だけじゃなかったんだ」「話しても大丈夫なんだ」という意識が大きくなって、一層「情報の壁」が緩んで前世も見えやすくなります。
毎回誰かに操作されてるんじゃないか?と思うくらい、似た要素を持つ者同士で自然と集まってクラスが成り立つので見ていても面白いです。

ヒプノが初めての方は一人一人私が直接個人誘導して練習もしていきます。
中にはこの練習の段階で前世の記憶が出てくる人もいます。

後半はうまく体験する為のコツについて学んでいきます。
多くの人が個人セッションでないと深く体験出来ないものと考えますが、そんなことはありません。
グループでのCD音源でも個人セッション並に十分に体験できるテクニックが色々あります。
それらを理解していただいた上で、最後に前世フルセッションのコースを皆で体験してもらいます。

この「れんね瞑想」で体験のコツがつかめたら、後は執筆本の付属音源でいつでも体験できるようになります。
すでに付属音源で体験出来ているなら基本的にそれで充分です。
ただ、要領がよく分からないまま眠ってしまい半分夢体験になったり、ちゃんと自分が体験出来てるのかよく分からないままなど、そんな状態での体験を繰り返すとそれがますます癖になってしまい、それ以上体験が深まりにくくなる事もよくあります。
そのような人は、前世体験がどういう状態のものなのか一度「れんね瞑想」でしっかり体験されておく事をお勧めします。

執筆本「トラワレリンネの覚書」の付属音源は今ダウンロードサイトにおいて、記録しながら体験する形式に切り替えて公開しています。同時に「れんね瞑想」もこの方式に切り替えました。
記録しながらなんて一件難しそうに感じられるかもしれませんが、実践してみると分かると思いますが、これが意外にただ聞くだけよりも体験が明確になりやすいです。
私自身普段は目を開けて記録しながら体験するのですが、これは自分にしか出来ないのかなと思っていたのですが、参加者に試してもらうと意外に誰にでも出来て、しかも体験が明確になりやすい事が分かってきたので、書籍の音源も「れんね瞑想」もこの方式に切り替えました。
それ以降、寝てしまう人もほぼ居なくなりました。寝さえしなければ、ただの夢体験になってしまうこともないです。

前世体験がしっかりできれば、様々な効果も出てくる様になります。
「なぜ人前で緊張してしまうのか原因の分かる前世」と言った感じでテーマを決めると、その原因の分かる前世が出てきます。そこで潜在的な納得感が生じて改善される事もあるでしょう。
これはもちろん1回で必ず改善されると言い切れるものではありません。人によっては似た原因が複数の前世にまたがって存在していたりすることもあるからです。
こう言った場合は、執筆本の付属音源で繰り返し体験されるのも良いですし、心応理講座の方を受けてみるのもイイでしょう。

前世ではなく今世の幼少期に大きな原因が隠れている事もあります。こう言った場合は前世に誘導されても勝手に幼少期に戻ります。
「れんね瞑想」などのグループワークで幼少期に戻ってしまった場合は、誘導を自分なりに解釈し直して体験していけば問題ありません。

思い癖など、前世を見るだけで気付きに至って改善される事もありますが、問題によってはヒプノよりも、先に心理カウンセリングでじっくり向き合った方が向いているケースもあります。
逆に長年、心理カウンセリングに通ってたけど改善されないと言った場合は、比較的前世体験で効果がみられます。
どっちがイイと言う問題ではなく、潜在意識の深い部分にある原因にアクセスするにはヒプノは向いてるけど、情報の壁を緩めるには心理カウンセリングの方が向いてると言う感じです。

情報の壁の厚さは、途中で行う練習の時にだいたい分かります。なのでどうすればしっかり体験できるか、効果が出るかなどのアドバイスはその時にします。
情報の壁が元から薄ければ、最初からヒプノでも色々体験も出来て効果も出てきやすいです。
ちなみに受けるまでに出来る事でオススメと言えば、しっかり充分に睡眠をとっておくことでしょうか。
よくヒプノだから睡眠不足気味のほうが体験しやすそうなイメージを持たれますが真逆です。寝たくても寝れないくらい睡眠はしっかりとっておいた方が体験しやすくなります。
あとは前日ぐらいからでも良いので、できるだけTVやネットや本などの情報源を断つ事でしょうか。情報の壁を緩ませるためです。
公園や自然のある場所を散歩するとか、好きな音楽を聴くなど、気持ち的にリラックスできる時間を増やしてみるのもイイでしょう。

前世体験のあとは、未来も体験しに行きます。
これは「今の自分のままの未来」ではなく、「最も成功している素敵な未来」という設定で見に行きます。
その最高の未来を見る事で最高のイメージが潜在意識に焼き付くので、ヒプノが終わった後にその最高の未来を引き寄せられるというワケです。
遠慮して中途半端な未来を見てしまうと、中途半端な未来を引き寄せてしまうので、遠慮は無用です。
この未来セッションの部分で出てくるビジョンは、今後の生き方の様々なヒントになってきます。
れんね瞑想を受けた後、未来部分で見えたパートナーが本当に現れた!なんて話はよく聞きます。
でも思ってたより好みのタイプではないんですがぁと言われる事もあります(笑)
そこは潜在意識が選んだ相手なので、顕在意識も納得するかどうかまでは私には分からないです^^;

そして最後に参加者同士の縁の分かる前世をみんなで見に行きます。
たまに同じ前世の場面を参加者同士で意図せず同時に見てしまうような事も起こったりするので興味深いです。

そんな感じで前世を体験して終了です。
終わった後、参加者の顔を見ると妙に綺麗になってる事に気付くはずです。
たまに何か良く分からない前世だったなんて言う人も終わった後、顔色だけが良くなってたりするので、見てて面白いです。
そんな感じで前世体験を終え、体験内容をシェアして終了となります。

「れんね瞑想」は2、3ヶ月に一度ぐらいのペースで時々実施しています。
参加者はだいたい2、3人程度です。
たまに友人同士などで予約される事もありますが、その場合は友人同士だけで1つのクラスとして専用の枠を別で設ける事も出来ます。2人以上の友人同士で受けたいという場合は、遠慮なく直接ご相談ください。

ちなみにだいたい実施日の2週間ぐらい前に、こうして記事を書くと参加者が集まるのですが、逆にうっかり記事を書き忘れて1ヶ月ぐらい放置状態のまま実施日を迎えると参加者0って事もあります。
これって何でしょう、やっぱり記事を読むとテンションが上がって受けてみようって気持ちになるけど、時間が経つとテンションが下がって忘れてしまうとか?
次回の「れんね瞑想」は来週末ですが、うっかり盆前から放置状態だったので参加者0のままです。しまった!と思って今回慌ててこの記事を書きました(笑)
多分、今回は参加者少ないと思うので、じっくり受けたいという方にはお勧めかもです^^;

そんな訳で興味のある方は下記まで。
—————
【れんね誘導瞑想(前世体験)】
CD誘導にて前世をグループで体験できます。前世はコツさえ掴めば誰でも体験できるようになります。
練習も行うので興味のある方は是非挑戦してみて下さい。

[実施日]
・2019年09月14日(土曜)PM2時よりPM5時半頃まで(3時間半前後)

[定員]
・4名まで

[内容]
見たい前世を見に行きます。そして今世の未来も少しだけ見に行きます。最後は参加者同士の前世を見に行きます。
一つのワークで前世が二つ、未来が一つ見に行けると言う贅沢なコースです。
≫詳しくは、れんね誘導瞑想のページをご覧ください

[料金]
・3,000円
※執筆本をお持ちの方は1回限り1000円引きいたします。
※クーポンアンケートをお持ちの方は1000円引きいたします。

[場所]
・アトリエPUJA ≫交通アクセスをご覧下さい

[お申込み]
・「お申込みの前に」をお読みになってから「グループワークご予約」フォームより、お申し込み下さい。
≫お申込みの前に
≫グループワークご予約
—————
さて、次回もすみません、宣伝記事になります。
今月後半ぐらい?心応理の新規クラスの開始日が決定したら、そのお知らせも兼ねて謎過ぎる心応理の後半、魅惑の昇華編ついて詳しく書きます。

ここれんね-心応理

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*