具体的にどんな事をするの?

我々の普段の表層意識は、物事を理論的(言語的)に考える傾向があります。
しかし潜在意識は理論的ではなく感覚的、イメージ的(心象的)なのです。
つまりイメージを使う事で潜在意識はアクセスしやすくなるのです。
様々な潜在能力開発で、イメージトレーニングが重要視されるのはこの為です。

では、実際にどの様にアクセスしていくのか、試してみましょう。
以下の文章を読みながら想像してみてください。

今あなたの目の前に大きな扉があります。
その扉は、何色でどんな形の扉でしょう。

色や形が想像できたら、取っ手を握ります。
この扉の向こうには、あなたの知らない景色が広がっています。

では、自分で3つ数えてから扉を開いてみましょう。
1、2、3、ハイ、扉が今、開きました。

ここれんね

さぁ、どんな景色ですか?

その景色の地面は、どんな地面ですか?
その景色の空は、どんな天気ですか?

その景色を見ていると、あなたはどんな気持ちになりますか?

景色はイメージ出来たでしょうか?
潜在意識に入りやすい人であれば、たったこれだけの文章を読むだけでも、なんらかの景色が出てきます。
イメージ力のある人なら、文章を読むより、上のイラストを眺めているだけの方が、扉の向こうの景色がイメージしやすいかもしれません。

イメージが出来たら、さらに扉を抜けて向こう側に入ります。
入ってどんどん進みます。

森を抜けて幼少期の情報にアクセスしたり、トンネルをくぐって過去や未来を覗いたり。
自分に必要な情報が、様々なイメージとなって出てくるのです。
実際のワークでも、この様な言葉の誘導を通じて、潜在意識にアクセスしていきます。

「それって自分の想像じゃないの?」と感じるかもしれませんね。これはもちろん想像です。
こう書くと「え?」って思うかもしれませんよね。

でも考えてみてください。想像ってどこから来るのでしょう。
単に回想を組み合わせて作っている様な想像でも、その組み合わせを選んでいるのは無意識であり、潜在意識に何らかの情報がないと想像を組み立てる事も出来ません。
つまり、想像そのものが、潜在意識へアクセスする入り口になっているのです。

その想像をどんどん広げていく事によって、どんどん潜在意識に深く降りていく事になり、ある一定のラインを超えると、自分で作っていると言う感覚が、勝手に沸いてくる感覚に切り替わります。

そうなれば、あとはただ、その沸いてくるイメージを眺めるているだけでイイのです。
潜在意識から、沸き起こる感情と共に、イメージが吐き出されていきます。

なぜ自分が、こんなつまらない事に、こだわっていたんだろう。
なぜ、こんなどうでもイイ事に囚われていたんだろうと、絡んだ心の糸がスルスルと、緩み解けていく瞬間を味わうのです。