スピリチュアル? 心理学?

スピリチュアルなのか?心理学なのか?

各ワークにおいては、前世を体験する事がメインになります。
前世と言うとスピリチュアル的な印象をもたれる方も多いでしょう。

れんね瞑想も、ベースはヒプノセラピー、前世療法と同じです。
前世療法とは、元々アメリカの精神科医であるブライアン・L・ワイス博士が、クライアントに退行催眠を行っている最中、偶然、前世にまで遡ってしまった事がきっかけでした。
クライアントもみるみる症状が回復していく事から、それ以降、積極的に前世退行を行うようになったものの、それを公表するまではかなりの迷いと時間を費やしたようです。
やがて1988年に博士が著した「前世療法」が刊行され、ベストセラーとなった事で世界中に広がりました。
そう言った意味では、前世療法は催眠療法から、つまり心理療法の分野から生まれたと言えるでしょう。

しかし最近は、前世療法というと、ヒーリング等と同時にされてる方も多く、イメージ的にもスピリチュアル的な印象が強くなってる事は否めません。
かと言って私は、スピリチュアル的なものを否定する事も出来ません。プログ等にも書いてる通り、私自身が幼い頃からスピリチュアル的な体験を嫌と言うほどしてきてるので。じゃあ、肯定するのかと言うと全面肯定も出来ないんです。

スピリチュアル的なものに偏った一部の方々は、自分の感じる範囲でクライアントを評価してる事が多々あると感じられるからです。よい評価なら構わないのですが「あなたは□□だからよくないのよ」と言った悪い評価表現が出てくると、クライアント側に違和感があっても「このセラピストはそう言った特別な力があるから、きっと本当の私は言われる通りなんだ」と暗示をかけられるのと同じです。
これは、私自身ほんとうに気を付けなければと痛感させられています。

カウンセリングを先に学んでいただけに余計強く感じたのですが、同じヒプノセラピストの方から、この言い方を聞いた時は、潜在意識にマイナスイメージを埋め込まれたんじゃなか?と不安になったぐらい本当にショックでした。

では、逆に心理学にもとづいた、例えばカウンセラーの立場はどうかと言うと、こちらはクライアントの話を傾聴する、共感する、が基本です。カウンセラーの方から「あなたは□□だからよくないのよ」と言ったクライアントを評価したり指示的な言葉がけは一切しません。そう言った意味では傷つく事も普通はないので安心です。

ただ、あくまで私個人の感覚ですが、前世やスピリチュアル的な話は、とてもしにくいです。なかなか相談できません。
表情は共感的であっても、強い猜疑心をこちらに向けられてしまうのが伝わってくるからです。
人それぞれ価値観は違いますから、仕方ないのですが。

だから私自身は、スピリチュアル的なものも心理学的なものも両方バランスよく理解した上で、あくまでクライアントの話や感じるものを、そのまま受け取り、評価や指示的な言葉がけはしない様、心がけるようにはしています。
一番大切なのは、クライアントとセラピストとの間にある信頼関係です。
信頼関係にスピリチュアルも心理学も関係ありません。
誘導瞑想もヒプノセラピーも、この信頼関係が成り立たないと、何も体験出来ずに終わってしまいやすいです。

なので、値段とかセッションルームまでの距離とかも重要だと思いますが、それよりもあなたから見て、この人なら安心して何でも話せると感じられるセラピストを選ぶ事がもっと重要だと思うのです。
別にここれんねでなくていいんです。私も不信感いっぱいで来られてもしんどいだけです。
あなたにとって、頭でなく心で暖かさを感じられるセラピストを慎重に選んでいただきたいです。