2021年10月30日のアーカイブ

ここれんね一時復活

※本ブログ「れんねメモ」を初めて読まれる方は、読んで後悔する前に「れんねメモを読む前に」をご確認ください。


  • ここれんね復活
    ここれんね復活

大変お待たせいたしました。ここれんね一時復活です。

もう一度書いておきます。
一時復活です
どうか期待はし過ぎないでください。しばらく調子を見ながらの活動です。

そして個人セッションの公式募集を再開いたします。
と言っても二ヶ月もありません。予約可能日は11月初めから12月末までの土日です。ご了承ください。

なお各個人セッションには、冒頭のカウンセリングを終えた時点でヒプノを受けられるかカウンセリングのみで終わるかを選択できます。ヒプノを受けられる場合はそのままヒプノセラピーに入ります。
カウンセリングのみで終える場合は、初めての方は無料で終了することが出来ます。

今回、カウンセリングだけで終わるのは寂しいという方もよくおられるので、一応このカウンセリングのみを一つのセッションとしても成り立つようにしておきました。
ご希望によってCD音源によるリラクゼーション。あるいは占いセッションを一緒に受けられるようにしています。
特にヒプノを受けたいわけではないけどちょっと占って欲しいなんて方は、この「 総合カウンセリング 」を単独でご予約いただくことが可能です。あと、需要があるか分かりませんがスピ的な問題を抱えておられる方用に「エネルギーセッション」として問題を解決に導くためのものも、一応選べるようにしておきました。

基本的にはヒプノセラピーを受けたいという方は、ヒプノセラピーでご予約下さい。
初めての方で不安だという方は、この 「 総合カウンセリング 」 だけご予約していただいて大丈夫です。
もし確実に ヒプノセラピーを受けるつもりは全くないという方、占いだけ受けたいという方は平日の昼間でもご予約の相談に応じます。私の仕事の都合と擦り合わせる必要がありますが、平日しか都合がつかないという方は一度 「 総合お問合せ窓口 」から直接ご相談ください。これは 総合カウンセリング 限定です。
平日は日にも寄りますが、今マンションの前で工事をしてるので、うるさかったりするのです。なのでヒプノはやはり土日がお勧めです。

今回サイトのデザインはほとんど変わっていませんが、システム的な面で色々見直して再構築したので、以前のデータがそのままでは使えず一つ一つの記事を移植し直す必要がありました。

その関係で最低限必要なセッション関係の記事しか復活させられていません。体験談も数件だけ復元して載せている状態です。
なのでクーポン割引アンケートの発行もしばらく見合わせます。書いていただいても公開できるのはいつになるか分からないので。
これまで書いてくださった方、本当にありがとうございました。公開できずとも一つ一つちゃんと読ませて頂いています。
なお、過去に発行したクーポン割引アンケートは今後も利用できますので、遠慮なく支払い時にお渡しください。
書籍割引はもうしばらく継続いたします。書籍をお持ちでまだ未使用の方は今のうちです。

れんね瞑想と心応理講座はまだ日程を決めていません。
リクエストは随時受け付けていますので興味のある方は遠慮なくお申し出ください。
またお友達と一緒に受けたいという方は、二人以上の参加であれば日時指定が可能の上、グループワークの料金で受ける事が可能なのでおすすめです。
心応理講座は、クーポン割引アンケートを廃止した代わりにしばらく各回1,000円引きで実施いたします。

そしてこのれんねメモ(ブログ)も広告付きになると予告してましたが、広告はこれから付けます。
正直言って色々未完成状態での公開なのです。すみません。

なお、サイトやブログの更新は、基本的に土曜の朝に予約公開するようにしています。平日の更新はまずありません。
こんな体質なのでSNSなどは一切やっていないのでご了承ください。ブラウザー通知ぐらいは近いうちにつけます。

-広告-
この記事に関連するおすすめのコンテンツ

心応理講座-個人
  • 苦しみはトラワレ。あらゆる事象は、自分自身の心の状態が引寄せている。
    その仕組や原因を理解し運命を好転させる手法を学んでいく講座。
トラワレリンネの覚書
  • 忘れられない。許せない。欲しい。怖い。さみしい。悲しい。不安で仕方がない。全ての苦しみはトラワレ。
    心応理講座浄化編の一般公開できるポイントをまとめた一冊。

れんねメモを読む前に

本ブログ内では初めて見る人にとっては、かなりあやしひ内容が含まれており、執筆者の管理人とはいったい何者なのかと思われるでしょう。
なので誤解のないように最初に書いておきます。
私はいわゆる霊能者ではありません。霊とかスピ的なものは全く見えませんので、私の守護霊は何か言ってますか?とか聞かれても「前世見るならここれんねと言っています」としか答えられないのでご了承ください。

ただ、いわゆる低級霊や低級霊に憑かれた人の近くに行くと、寒気がして体が勝手に震えだすので、そういう気配的なものは分かります。
小さい頃は何で時々妙な寒気がするのか全く分からなかったのですが、ある時出会った霊能者の方に生霊や動物霊と言った存在について色々教わって、初めて自分の寒気がそういった存在をキャッチしていたのだと気付きました。
これについては「 霊能者とは 」の記事で詳しく書いています。

今は寒気の種類によって、それが生きた人間の思念なのか、亡くなった人の意識なのか、人間以外の動物的な意識なのか程度は分かります。

逆にあつい熱のようなもので、高次のエネルギーやその存在も見分けています。でもこれも見えているわけではないので細かいことは分かりません。
熱の強さや大きさ、それに伴うサインやイメージによって天使なのか龍なのか妖精なのか神仏なのかを区別している感じです。
時々アチラの次元からメッセージを預かることがあり、半覚醒状態の中で対話するなどダイレクトに分かる時もありますが、基本はカードや瞑想などでメッセージを読み解く形が多いです。

前世については、小さい頃からよく急に浮かぶ知らない場所や時代のイメージがあり、後にそれが前世の記憶であることが分かってきて、ヨーガ関係の知人に教わって瞑想法を覚え、多くの前世も思い出すようになりました。
その後ヒプノセラピーの存在を知り、他の人を前世に誘導するという事に興味をもってヒプノセラピストとして現在に至っています。

このサイトを見つけられる方は、前世でもお客さんであったり、何らかの縁のあった方がほとんどです。今のところ今世で初めて会うなと感じる人はいませんでした。
そして私の前世と言えば、坊さんか神主か修行僧か、占術か、お祓いか、そんな怪しい仕事が多かったので、今世でもやっぱりそういった怪しい悩みを持つ方と縁付くことが多いです。

前世では普通に?霊能者っぽい活動をしていた時代もあったようでが、今世ではとりあえず霊視的なものや呪術的なものの全てを基本的に封印してしまったようです。
それは一般の人と同じ立場に立って、こういった対処がそんな特別な力なしでも出来る事、前世についても誰にでも思い出せる記憶であることを理解してもらうためでもあったようです。

なお、記事内にはあえて多めに広告の欄を設けています。これはあまり記事に集中されると、読まれていることに私が気付いてしまうことがあるのでそれを防ぐためです。
人にも寄るのですが(潜在的に霊感の強い方が分かりやすい)特に執筆本や執筆本付属の音源を聞かれているのを私が気付いてしまう事は多いです。だいたい飛んで来られる方は、まさか自分の意識が飛ぶわけないと無警戒の方です。

意識が飛んでくると、私の所ではそれを寒気として感じたり、ブロックしようとして瞼が閉じようとします。そしてその人の姿がイメージで勝手に出てきたりします。
これは私にとってもしんどい事なので、最近はそれを反射させたり届くタイミングをずらしたりする形で少しずつ抑え込めつつあるのですが、まだ試行錯誤状態で意図せずキャッチしてしまうことが多いです。

これらは記事や音源を聞かれる方が「気付かれたら嫌だな」「なんか気持ち悪い話だな」と、少し意識上で警戒してもらえればピタッと飛んで来なくなります。
執筆本のダウンロードサイトにも詳しく書いています。気になる方は執筆本の音源にこだわる必要はありません。
「前世療法 ダウンロード」で検索すれば似たような音源は沢山出てきます。基本的にどれも同じなので、自分に合ったものを試されるといいです。

そしてこれら意識が飛んでくるのを防ぐために、あんまり集中し過ぎないようにこのブログにおいてもちょくちょく広告を入れています。
(現在はまだ「ここれんね」の広告だけですが、近いうち無関係の広告に入れ替えていく予定です)
記事を読むだけで飛んでくる人はめったにいませんが、念のため広告の欄が来たら、ちょっと意識を現実に戻して休憩してから、続きを読んでもらえると有難いです。

なお、記事は以下のジャンルに別れています。

  • 日常:あんまり怪しくない普通の記事です。
  • あやしひ話:スピ的な話が中心となる記事です。
  • 心応理:心応理講座にも含まれるような内容の記事です。
  • 京都観光スポット:京都周辺の神社仏閣をスピ的な視点で紹介しています。
  • 輪廻の海:管理人の前世を一部まとめて書いています。

そして各記事には、以下のようなタグが付いている事があります。

前世かも:前世関係の話になります。

怖いかも:主に低級霊に絡む話です。お化け絡みの話は苦手という方は避けましょう。

ふわふわ:天界や高次の存在に絡む話です。ふわふわトリップの後は現実に戻ってきて下さい。

「怖いかも」のタグ付き記事は、あまり怖くならないよう話の構成に気を遣ってはいますが、
もしそれでも怖くなった場合は、最後に以下の記事を読んでおくとイイでしょう。

嫌な気配の浄化法

では心の準備が出来たらブラウザーの戻るボタンか、以下のボタンをクリックして記事の戻りましょう。