ここれんね (休止中)

サイト「ここれんね」は現在休止中です。

 

 

執筆本のご案内

心応理講座の入門書のご案内です。詳しくは紹介ページへ ≫
トラワレリンネの覚書を紹介

近況報告[21.09.18]※2021.09.25一部追記

駒ヶ岳

近いうちに復活を宣言しましたが、すみませんちょっとずれ込みます。

前回長文記事を書いちゃったのと復活を宣言したのが災いしたのか、また期待されてる方の意識がよく来るようになったので…すいませんが、どうかあまり期待をされないでください。 期待されると眠気で更新作業が進みません(苦笑)
仕方ないのでここで宣言しておきます。サイトの復活は10月の後半以降です。公式でのセッション募集も10月後半以降とお考え下さい。

ちょうど私自身10月初めにワクチンの二回目を終えるので、それ以降にしたいというのもあるので。 近況報告も次回書くとすれば10月以降になるのでご了承ください。今回記事も短めにしておきます。

あと書籍のダウンロードサイトの音源は今日同時に更新いたしました。
毎日聞いていた人も今は間を空けて聞くようになったようで、連続では来なくなりました。とりあえず気付いてもらえてよかったです。 (※2021.09.25追記:すみません、この方だけ以前音源を連続で聞いていた影響で情報の壁が薄くなりすぎて、このサイトの記事を読まれるだけでも気配が飛んでくるようになってしまっています。 サイトを復活してセッションを再開したら以前のように初めての方向けの無料カウンセリング(個人)もメニューに加えるので、宜しければ一度そちらにお申し込み下さい。 すでに行きにくい気持ちになられてるかと思いますが、いずれは一度前世をしっかり体験されてから、情報の壁を塞がれていった方が良いとは思うので、遠慮なくどうぞ。)

前回動物霊の話を色々しましたが、あれからかなり片付きました。
気になっていた神社も何とかおさまりました。これで安心して来年も初詣に行けそうです。
その神社は、社務所内に意識が乗っ取られているリーダー格1人と憑かれている人が5人ほどいました。 リーダー格は家族の方と循環していて何度祓ってもまた憑かれることを繰り返してましたが、構わず繰り返し除霊しているうちにいなくなりました。
他の5人は一度祓っただけで全然憑かれなくなったので、もう問題ないでしょう。

他にもちょっと時間が作れるようになってきたので、友人知人関係や過去の気になっていたものの除霊に取り掛かっていました。
これもまたちょっとビックリしたのですが、閉鎖したサイト「ゆらとふるへ」を見ておられた方なら「霊能者」の記事を覚えておられると思います。
その中で霊能者Nさん親子の話がありました。動物霊に憑かれておかしくなってしまい、縁が切れた霊能者親子なのですが。
この件が今年の7月ぐらいに妙に思い出されて気になって、確かめたところ未だに憑かれていると分かりました。
もう20年以上経っているのに中々離れないものだなと思いつつも、ちょうどそのころ別件で動物霊に意識を乗っ取られた人でも除霊出来た時だったので、もしかして今の自分だったら遠隔でNさん親子も除霊できるじゃないかと思えて余計気になってきていました。
するとそう考えるのとほぼ同時にNさん親子に憑いている動物霊から「人間に戻してくれるなら離れてもいい」と言われたような気がしました。 一瞬「ん?」となったのですが‥、その時は気のせいか?と思い別件で忙しかった事もあり、落ち着いてからまた考えようと思いそのまま忘れていました。

その頃は別件の某施設で大量の動物霊を浄化している時でした。数分毎に動物霊の方から人間に戻してほしいとやたら交渉されることがずっと続いていました。 だんだんこちらもしんどいので、手順を命一杯簡略化しながら次々と浄化を続けていました。一人一人のエピソードは瞬間瞬間では聞いてあげていたものの一々覚えてられなかったので詳細は省略します。
そしてやっと現場もきれいになって問題なくなったので、あらためてNさん親子の件に取り掛かってみようと思い再度確かめると、すでにNさん親子に憑いていた動物霊がいなくなっていたのです。

これが偶然このタイミングで離れたのか、もしかすると私がアクセスしたのをきっかけに、大量に浄化してる時に一緒に浄化されたのか。 ちょっと何がどうなったのかは分かりません。どちらにせよ20年は経っていたので彼らも飽きて離れるきっかけが欲しい頃だったのかもしれません。 とにかく今はもう憑いてないようなのでホッとしました。本当に良かった。
今頃多分自分自身の状態に気が付いて戸惑っているかもしれませんが、元々力の強い霊能者だったのでさすがにもう二度と憑かれる事はないと思います。

そしてもう一つ、同じ「霊能者」の記事で書いていた動物霊の宗教団体に入ってしまった人の話。これ気付いている人は気付いていたと思いますが、昔の日記でよく出ていたOさんの事だったのです。 その宗教団体の教祖さんも確かめると動物霊が離れていました。これもちょっとビックリしましたが、こちらはさすがに私は関係なくそもそも動物霊は気まぐれなので、これも10年は経ってるしとっくに飽きたとかで離れていったのだと思います。
Oさん自身はまだ憑かれているようだったのですが、除霊しようと後日再確認した時にはいなくなってました。 一時的に憑いたり離れたりを繰り返している時期かもですが、まぁ指導者の動物霊が離れたのなら信者さんたちの動物霊も放っておいてもそのうちみな離れるのかもです。念のためしばらくは様子見するつもりです。

それとは対照的なのですが、最近遠方の友人が「昔からお世話になっていた霊能者の方と、なかなか連絡がつかなくなった」と言うのです。 なんでも急にすごい人気が出て行列ができるようになって、忙しくて連絡がつかなくなったようです。 ある意味縁が切れたという事なのか気になってるようだったので確認してみました。するとどーもこの霊能者の方がまた動物霊に憑かれていたのです。
つまりこの友人は上の方に守られて、動物霊に憑かれた霊能者と縁が切れたという事なのでしょうね。

しかもその霊能者のいる神社全体が動物霊に乗っ取られているようで、これまた厄介な話です。 沢山の方がお参りに行っては動物霊をお持ち帰りになってしまうという。
動物霊のおかげですごい人気が出てきてるみたいなので、そのうちメディアとかでも取り上げられるようになるのかもです。
これも何とかするべきなのか、私もどこまで関わっていいものか分からず現在一時保留中。

以前は一人浄化するだけでも2、3日かかったりと大変だったのですが、ほぼ毎日除霊してるとさすがに慣れてきて、最近は一人5分ほどで除霊できるようにもなってきました。
なので今後セッションを再開したら、多分私も寒気しながらセッションするのはもう嫌なので、お連れの動物霊の方々がいらっしゃる時はもう来られる直前に勝手に除霊させて頂くのでご了承ください^^;
そして聞かれない限りは一々本人には伝えません。こういうのって人によっては意識すると余計に引寄せやすくなる人もいるからです。

霊感的なものって誰でも意識すると自然と感覚が強くなるものです。全く信じない人は別ですが。でも霊的な感覚が強くなるという事は情報の壁が薄くなるという事でもあり、どうしてもこういった霊的な存在を引き寄せやすくなるとも言えるのです。
霊的なもので一番厄介なのは、個人的に動物霊と生霊です。そして意外とこの動物霊についてはスピ系の人でもあんまり知られてなかったり警戒されてないことが多いです。
なのであっさり気付かないうちに乗っ取られてしまうスピ系の方も多く、そういった人ほどすごい人気が出て有名になったりするのです。

まぁ昔は商売繁盛のために自らタヌキを祭ったりするぐらいでした。憑かれるとすごい人気が出るので一時的にはイイかもしれません。
でもこれは本人の功徳を前借りしているだけなのです。彼らも気まぐれで飽きると離れます。この時が一番厄介で功徳も一緒に取られちゃうので一気に運気が落ちてしまいます。
運気だけならまだしも命を一緒に取られることもあり、動物霊に憑かれたまま亡くなった人自身が今度は動物霊になって活動を始めます。

特に霊感が強くなりたいとか、特別視されたくて前世を沢山見たいとか。そういった潜在的願望がある人が、動物霊たちにとっては一番都合のいいターゲットです。
なので、私がこんな仕事をしている立場でいうのもアレですが、スピ系はほどほどにあんまり深入りしない方が安全です。
でないと私のように手遅れになって、毎日眠気と戦わなきゃならないとか、除霊ばっかりしなきゃなんないとか、一歩間違うとこんなしんどい人生になります。

眠気もまだ完全な対処法が見つかってないんですよね。
最近はマシですが、ひどい時は閉じようとする瞼を無理に開けようとすると目尻が裂けてくるぐらいでしたから(^^;)
動物霊に関してはここまで対処できるようになったので、眠気も何か見つかりそうな気配はあるのですが、今一つこれだと言うのが見つかりません。 生霊さんもそうですね。眠気と同様に飛ばしてしまう側が気付いてくれると止まりやすいのですが、出来れば受け側だけで完全に止める手段を見つけたいところです。

情報の壁が薄くなってしまって手遅れな方は、もうとりあえず小まめに塩酒風呂に入るしかないでしょう。私も何もなくても週に2、3回は入っています。うちの家族にも入ってもらってます。
そして現実的なスピとは無縁な生活を送って、とりあえず情報の壁が復元されていくのを待つぐらいでしょうか。

前回からのこの怪しい話題もとりあえず今回で終わりにします。このままでは私もヒプノセラピストではなく怪しいお祓い師となって暗躍しなければならなくなってしまいます。
それはさすがに嫌なので、来月サイトを更新する頃には何事もなかったように、さわやかなヒプノセラピストを装って、明るい前世の話でもしようと思います。

ここで前世の話のどこがさわやかなんだ?と今思われた方は、まだ大丈夫です。助かります。引き返すなら今のうちです。
ここでいつもの普通の前世の話に戻るのかと思われた方はもう手遅れです。あきらめて本サイトの復活を楽しみにしていましょう。

近況報告の過去の記事

休止中の過去の近況報告記事です。

≫「ここれんね」の今後について