心応理学講座

例えば、自信が持てない人の場合。
その原因を幼少期から探ると、ちょっとした失敗の記憶や、親に認めてもらえなかったと言った記憶が出てきます。
さらにその原因を前世から探ると「失敗した前世」や「嫌われた前世」「認めてもらえなかった前世」など、似たような前世(過去世)が沢山出てきます。

前世の実在は証明できませんが、言い方を変えれば潜在意識に「自信が持てない」と言う傷が、それだけ深く刻まれていることは事実だと言えます。
そして前世療法を何度か受けることで、その「自信が持てない」と言う潜在意識の傷に、潜在的集中が起きにくくなり、人によっては自信が持てるような変化も起こってくるかもしれません。一般的に前世療法が4~5回受けた方がイイと言われるのは、この為です。

しかし、これはある意味一時的な解決法だとしか私は認識していません。
なぜなら自信が持てるようになったとしても、また今世で新たに失敗をして自信が持てなくなる可能性まで消えるわけではないからです。その可能性まで消し去る為には、今度は前世において、なぜ失敗したり嫌われたり、認めてもらえないような運命を引き寄せてしまっていたのか、と言ったことについても掘り下げていく必要が出てきます。
するとまたその前世においての幼少期の問題や、別の前世での問題が出てきたりとキリがありません。
前世療法も高価なセッションなので、そう何度も受けられるものではありませんし、全てを完全に解決することは、なかなか難しいでしょう。

ただ、こういった様々な問題の原因を突き詰めて探っていくと、一つの共通の原因にたどり着くことは分かっています。それは「生きたい」「愛されたい」と言った根本的欲求に集約されていると言うことです。
心応理はここに注目して、問題ごとに解決していくのではなく、根本的に問題を作らない自分に変わっていくためのエッセンスを体系化した講座になっているのです。

内容

心応理学講座-浄化編(ver3.1)

講座は全8回。第4回までは、心の偏りの原因を探り消化していく「浄化編」となります。
主に心理学的な解釈に基づいて、悩み苦しみを「嫌悪」「孤独」「不安」に分け、潜在的な原因を幼少期から探っていきます。同時に、そう言った悩みや問題を生じる現象を引き寄せてしまう「しくみ」を理解し、生じさせない自分に変わるための様々な手法を学んでいく構成になっています。

現在、 個人ヒプノセラピー では行っていないインナーチャイルド等のセッションも、なぜその運命を引き寄せてしまったのかと言う本質的な原因にしっかり気付いてもらうために、この心応理学講座の中においてだけ、組み込む形で実施しています。講座は各回グループ瞑想も含めて、それぞれ4時間前後の内容になります。

第一回.嫌悪浄化

心が嫌悪領域に偏ると、喧嘩や悪口、イライラが絶えないようなトラブルを引き寄せやすくなります。嫌悪感は「理解されたい」と言う潜在的欲求がうまく消化できずに沸いてくる感情です。
これを消化していく方法や、嫌悪感の沸いてくる事象を引き寄せなくなるための手法を学びます。

  1. 心応理講座とは:心象応映理学|嫌悪・孤独・不安の引力|浄化編と昇華編|傾聴ワークの練習|
  2. 嫌悪浄化の概要:嫌悪の領域とは|嫌悪要素検証|傾聴ワーク1|
  3. 嫌悪領域の理解:似たモノは引き合う|潜在意識の情報の壁|嫌うほど引き寄せる|嫌悪の因果|嫌悪と輪廻|大嫌いな人との前世|なぜ、嫌悪が強くなるのか|傾聴ワーク2|
  4. 嫌悪要素の排除:不要要素排除瞑想(セルフヒプノ:不要な雑念を瞬時に排除する。)|
  5. 嫌悪からの離脱:イジメや派閥の断ち切り|正義も嫌悪|好き嫌いが生じる理由|嫌悪のカルマは人に移る|嫌悪の因果や象徴の見分け方|嫌悪領域から離れるには|
  6. 嫌悪因子の浄化:問題を相手に預ける|つらい気持ちの浄化法|懺悔による浄化法|日記や手紙による浄化法|嫌悪因子のカルマ的浄化法|嫌悪感情を手放すために|傾聴ワーク3|
  7. 嫌悪因果の消化:インナーチャイルド瞑想(ヒプノセラピー:幼少期の自分と向き合う。)|

第二回.孤独浄化

孤独領域に偏ると、浮気や片思い、不倫など、主に恋愛面での苦しみと縁付きやすくなります。これは「愛されていない」と言う潜在的孤独感が根付いており、様々な恋愛トラブルを引き寄せるためです。
これを消化していく方法や、恋愛トラブルを引き寄せにくくなるための手法を学びます。

  1. 孤独浄化の概要:傾聴ワーク1|孤独の領域とは|孤独要素検証 |傾聴ワーク2|
  2. 孤独領域の理解:親との関係性の投影|浮気したくなる理由|性的虐待による影響|親をマネてしまう|孤独の因果と輪廻|孤独に偏らないために|傾聴ワーク3|
  3. 孤独要素の排除:不要記憶消去瞑想(セルフヒプノ:要らない記憶を消し去る。)|
  4. 孤独からの離脱:感情起伏は運命起伏|理想の相手を引き寄せるには|色気は孤独のエネルギー|性的犯罪に巻き込まれない為に|孤独の因果や象徴の見分け方|孤独領域から離れるには|
  5. 孤独因子の浄化:愛されたい気持ちの言語化|忘れられない相手の消化法|パートナーと長続きさせるには|孤独因子の具体的浄化法|子供が幸せになる方法|傾聴ワーク4|
  6. 孤独因果の消化:年齢退行瞑想(ヒプノセラピー:幼少期の両親と向き合う。)|

第三回.不安浄化

不安領域に偏ると、物やお金に関わるトラブルなど、不安になる事象を引き寄せやすくなります。潜在的「満たされていない」感が、余計な執着心を煽って、不安感や心配事を招きます。
これを消化していく方法や、不安な出来事を引き寄せにくくなるための手法を学びます。

  1. 不安浄化の概要:傾聴ワーク1|不安の領域について|不安要素検証 |傾聴ワーク2|
  2. 不安領域の理解:情報の壁が不安を作る|物やお金に囚われる|理論的に頭で考えてしまう|スピリチュアル依存|原因のすり替え|感情が出せなくなる|不安の裏にある気持ち|傾聴ワーク3|
  3. 不安要素の排除:体内不調対話瞑想(セルフヒプノ:体内の不調部分と向き合う。)|
  4. 不安からの離脱:無駄な物欲や食欲に気を付ける|情報に振り回されない|エネルギー的影響|お金をかけると縁が深くなる|不安の因果や象徴を見分ける|不安領域から離れるには|
  5. 不安因子の浄化:落書き|作品を作る|気持ちの会話へ|食事と会話|原因はあり得ないところに隠れている|傾聴ワーク4|
  6. 不安因果の消化:問題感情退行瞑想(ヒプノセラピー:問題のある感情と向き合う。)|

第四回.感情浄化

感情浄化の回では、嫌悪、孤独、不安の領域に引き込まれないための、気持ちの消化法を中心に学んでいきます。
嫌悪、孤独、不安の領域から抜けると自然と本来の人間の領域(愛情の領域)に入ります。それによって心に余裕が出来、エゴの混じらない思いやりの心が持てるようになります。

  1. 感情浄化の概要:傾聴ワーク1|3つの領域からの離脱|愛情領域へ|感情要素検証|傾聴ワーク2|
  2. 感情表現の理解:気持ちと感情の違い|主な感情の言葉|気持ちを理解し言語化|潜在的な消化しにくい気持ち|傾聴ワーク3|
  3. 感情要素の観察:短縮真我対話瞑想(セルフヒプノ:高次の自分自身と向き合う。)|
  4. 感情因果の排除:放つ言葉から自分を知る|感情の波立ちからカルマを知る|懺悔(告解)で消化する|運命は潜在的自己責任|
  5. 感情因子の昇華:功徳とうつわについて|布施で功徳を稼ぐ|感謝で功徳の消耗を防ぐ|ハグは話を聞いてから|他人は変えられない|傾聴ワーク4(功徳積みの実践)|
  6. 感情因果の消化:前世浄化退行瞑想+ヒプノリンク(ヒプノセラピー:前世から原因を探る。)|

心応理学講座-昇華編(ver3.1)

心応理学講座
第5回からの「昇華編」では、霊や死後、輪廻について「心の囚われ」と言う視点で学んでいきます。
我々は普段、理解できないものを「偶然」と言う言葉で片付けがちです。しかし心応理学において偶然と言う概念はありません。目に見えない世界を知ると言うことは、この偶然のしくみをも理解し上手に運命をコントロールしていくことも意味しています。
どんな家に生まれて、どんな人生を送るかも全て偶然ではなく、自分の中の「心の囚われ」に従っているにすぎません。そこを理解し運命を変えていくのが、この「昇華編」の目的となります。

ただ、「昇華編」は、とてもスピリチュアル色が強くなるので、神秘現象そのものに心が囚われてしまったりしないよう、「浄化編」の4回を全て受講できた方しか進むことは出来ないので、ご了承ください。

第五回.幻海昇華

幻海昇華編では、霊現象と呼ばれるものについて、詳しく学んでいきます。霊的なものを肯定するわけでも否定するわけでもありません。
ただ霊的なものと、それを体験する人の心の状態には特定の関係性があり、それを学んでそう言ったものに無駄に惑わされない自分になっていきます。

  1. 幻海昇華の概要:傾聴ワーク1|見えない世界の理解|見え方は波長による|
  2. 幻海次元の理解:現世とあの世の狭間|不浄霊とは|動物霊とは|生霊とは|霊障も嫌悪、孤独、不安の次元|傾聴ワーク2|
  3. 幻海要素の理解:前世短縮9分瞑想(セルフヒプノ:前世を9分間で体験する。)|
  4. 幻海因果の覚知:霊能者とは|霊能者の見分け方|霊障の対処法|信じない人が霊障を受けにくい訳|
  5. 幻海因子の浄化:動物霊憑依の霊能者にならない為に|もし動物霊等の憑依を感じたら|その他、死霊などの憑依対策|生霊などの憑依対策|物体に対しての対処|興味も囚われ|傾聴ワーク3|
  6. 幻海因果の昇華:前世浄化退行瞑想(ヒプノセラピー:前世の原因を探る。)|

第六回.色海昇華

色海昇華編では、死後について詳しく学んでいきます。死後の世界も「心の状態」と言う視点から見ると、実にシンプルな死後概念が見えてきます。
同時に短縮瞑想で、自分だけの力で前世等を体験し、未浄化の感情を消化していく手法も学んでいきます。

  1. 色海昇華の概要:傾聴ワーク1|死後の理解|主な5種のエネルギー体|
  2. 色海次元の理解:歴史上の死後思想|分離段階・物質界|浄化段階・精霊界|客観段階・霊界|改革段階・転生|あの世も囚われ|傾聴ワーク2|
  3. 色海要素の理解:自由短縮5分瞑想(セルフヒプノ:前世等を自由に5分で体験する。)|
  4. 色海因果の覚知:霊的次元での生活|ツインソウル|地獄的次元|自殺の霊|天界的次元|神界的次元|堕落は簡単|
  5. 色海因子の浄化:人間界転生の意味|写し世|偶然の理由|気付きのサイン|高次元への移動のコツ|傾聴ワーク3|
  6. 色海因果の昇華:前世先導退行瞑想(ヒプノセラピー:前世の原因をガイドに誘導してもらう。)|

第七回.無海昇華

無海昇華編では、輪廻の仕組みや生きていることの意味、それと密接に関わる魂レベルでの「囚われ」について学んでいきます。
どうすればより自分の望む輪廻の流れに繋がるのか。また人間以外の生命や次元の理解も深めていきます。

  1. 無海昇華の概要:傾聴ワーク1|輪廻転生|囚われとチャクラ|
  2. 無海次元の理解:転生の基本|転生先の環境|転生時に抱える病|転生先の人間関係|全ては自分の中の問題|傾聴ワーク2|
  3. 無海要素の理解:短縮音源3分瞑想(セルフヒプノ:環境音のみの3分間で、前世等を自由に体験する。)|
  4. 無海因果の覚知:人間以外の生命への転生|地球外生命への転生|妖精の世界|天使・龍神・神仏|
  5. 無海因子の浄化:幼少時の前世の記憶|歴史上の人物|運命事象のタイミング|魂の年齢|輪廻の回数|傾聴ワーク3|
  6. 無海因果の昇華:未来巡行形成瞑想+ヒプノリンク(ヒプノセラピー:理想の未来を引き寄せる。)|

第八回.未海昇華

未海昇華編では、これまで学んできたことを元に、これからの指針を定め、その上でさらに運気の流れをよくする様々なテクニックを学んでいただきます。
またこの講座で学んできた高次元の存在の見分け方や安全に縁付く手法を元にして、実際に高次の存在達とのアクセスを体感してもらいます。

  1. 未海昇華の概要:傾聴ワーク1|人間領域の安定感|人間のさらに上の次元|
  2. 未海次元の理解:量子力学からのヒント|現実と言う幻|第四の世界の生じる危険性|なぜ物質界や輪廻が生じたのか|
  3. 未海因果の操作:運命のコントロール|手順1.原因の排除|手順2.不運の遮断|手順3.功徳の積み|理想の明確化|なかなか変化が起きない時|傾聴ワーク2|
  4. 未海因果の昇華:輪廻来世形成瞑想(ヒプノセラピー:理想の未来・来世を引き寄せる。)|
  5. 未海因子の生成:高次のサインは誘導ではなくヒント|高次への縁付け|傾聴ワーク3(功徳積みの実践)|
  6. 未海因縁の生成:高次供養6分瞑想(セルフヒプノ:高次の存在と縁を繋げる。)|

れんね瞑想と同様、この心応理講座でもヒプノの音源は効果音付きのCD音源を使って行っています。これは昇華編の短縮瞑想で、この効果音を覚えて音をイメージする形で、前世を見ると言う手法になっているためです。最終的にはこの手法を応用して、自分で自分を癒せる自分になってもらうことを目標に行います。

なお、あらためて書きますが、昇華編はスピリチュアル色が強いです。人によってはスピリチュアル的なものに抵抗を感じる方も多いでしょう。そんな方は浄化編のみで終了されるのもお勧めです。
ただ、スピリチュアル的なものに対して抵抗を感じるから苦手だと言う場合は、実はスピリチュアル的なものに依存してしまう可能性を潜在的に自覚しているから抵抗を感じるとも言えるます。そう言った依存に繋がらないように、昇華編は浄化編4回の全てを修了した人しか進めない形になってします。

浄化編、昇華編の全8回を修了された方には、最終日に修了証書をお渡しします。

効果について

心応理学講座を受講することによる効果には個人差があります。受けることによって必ずしも全ての問題が解決に繋がるとは限りません。
大きく変化を起こす人もいれば、なかなか変化が起こらない人、あるいは数ヵ月後、数年後に変化に気付く人、再受講して初めて変化が起こる人など様々です。ただ、生きていく上での沢山の「なぜ」の意味を理解し、どうすればもっとより良い生き方が出来るのかと言った根本的なテーマと向き合おうとする人にとっては何らかのヒントは得られるでしょう。

  • 苦手な人、嫌いな人、イジメや、派閥から縁を切りたい(嫌悪浄化)
  • 寂しさを手放したい。苦しい恋愛はしたくない。人間関係をよくしたい(孤独浄化)
  • お金や将来への不安を手放したい。迷わない自分になりたい(不安浄化)
  • ストレスを溜めたくない。素直な気持ちを出せるようになりたい(感情浄化)
  • 霊が何か知りたい。怖い霊現象に遭いたくない。恐怖を無くしたい(幻海昇華)
  • 死後や輪廻、人間以外の世界について知りたい。(色海昇華)
  • 輪廻や生きている意味を知りたい。前世を自分で見れるようになりたい。(無海昇華)
  • これからの運気を上げたい。天使や神々と言った存在をもっと知りたい。(未海昇華)

各回の進行

1. お支払い

グループワークでは最初に料金をお支払いいただきます。
続けてワークを気持ちよく楽しんで頂く為に「他の参加者が話される内容を、むやみに第三者に喋らない」と言った約束事の念書に署名していただきます。

2. グループワーク(4h)

心応理講座の場合

初回は自己紹介とカウンセリングワークで緊張感を解しながら、心応理講座全体について説明を行います。
続いて各回のテーマに沿った講義とワークの繰り返しで進行します。
回によって進行順等は変わりますが、基本的に短めのセルフヒプノと長めのヒプノセラピーが毎回あります。
過去や前世、未来や来世を体験していきながら、ご自身の今世の人生と輪廻全体を通してのテーマをゆっくり明確にしていきます。
浄化編においては宿題も出ます。任意ではありますが本質的な浄化を目的とされるのであれば、この宿題を真剣に取り掛かられることを強くお勧めします。
そして各回の最後に体験をシェアしてワークを終了します。

各回の料金

施術名施術時間税込料金定員数予約可能日時受付状態備考
れんね瞑想およそ3.5時間3000円4名日時決定までしばらくお待ちください募集未定日時が決まるまでお待ちください。
心応理学講座4時間半各回6,000円5,000円4名日時決定までしばらくお待ちください募集未定継続講座のため募集期限はありません

利用可能なサービス: リンク誘導心応理再受講割引執筆本割引

※ 過去の心応理学講座修了者は再受講割引が適用できます。詳しくは「各種サービス」をご参照下さい。
※ 旧エリアシフト(エリアシフトワーク)修了者は、浄化編(第4回まで)のみ再受講割引が適用できます。詳しくは「各種サービス」をご参照下さい。
※ 興味のある回までの受講で大丈夫です。ただし昇華編(第5回以降)は、浄化編(第4回まで)全てを受講された方のみ進む事が出来ます。
※ 参加したくても都合が付かず参加出来ない回は別クラスで受講されるか、「心応理学講座-個人」をお申込みいただくか、直接ご相談ください。
※ 過去の割引クーポンアンケートをお持ちの方は利用が可能です。
※ リンク誘導は実施される回とされない回があります。この記事の内容の項をご参照ください。
※ 初めての方は、後半のヒプノセラピー本番前に個別で練習を行います。
※ そのほか各種サービスの詳細は「各種サービス」をご覧ください。

希望日受付可能

開催日が、ご自身の都合の良い日と中々合わなくて参加できないと言う方は二週間以上の余裕をもって遠慮なく希望日をリクエストしてください。また一人で受けたいという方は「 れんね誘導瞑想-個人 」をご検討ください。

ひとくちメモ

心応理学講座 の前半4回までの浄化編は、インナーチャイルド系のヒプノと並行して過去の自分と向き合っていきます。
トラワレリンネの覚書 を読めば、おおよそのどんな内容か分かると思いますが、頭で分かったつもり、変わったつもりになるだけのことも多いです。
講座では参加者同士のカウンセリングワークを繰り返して、互いに過去を掘り下げていきます。そこから色んな気付きが生まれてきます。

後半四回の昇華編はスピリチュアル中心です。
死後や輪廻の仕組みを理解してもらった上で、さらに短縮瞑想も繰り返して、自分でも前世や未来を見れるようになってもらいます。
講座全体で前世回帰は3回。短縮瞑想でも3回前世を見に行けます。

本人は気付いていないことが多いですが、講座の最初の頃と終わる頃の顔つきが結構変わっていたりするので見ていても面白いです。ちょっと近寄りがたい雰囲気だった人も最終回には、こんなに優しそうな感じの人だったっけ?と気付かされることがあります。

なお、受講は興味のある回までで大丈夫です。第一回のみ受けてみるという形でももちろんOKです。
それだけでも気付く部分は色々あるでしょう。