内観系セッション

ヒプノでは、私自身こだわりが強くそれを人…

ヒプノでは、私自身こだわりが強くそれを人に押し付けてしまうことが多く、対人面で苦労していること、そのことと家族関係、特に母親とほかの家族のかかわり方がむずかしく悩んでいることを話しました。
それで、現世での母親の気質と私の気質が似ている部分があるといわれ、インナーチャイルドセッションすることになりました。

はじめステーションと呼ばれる場所に行くのですが、そこでは私は白いワンピースを着た少女で金髪でした。そこは深い森のなかの湖のほとりで、花が咲き乱れている場所でした。
そこから、インナーチャイルドの家へ向かいます。イメージでは黒い木の家でした。

家へあがるとインナーチャイルドがいません。探すと押入れの中に黒いもやがうずくまっていました。声をかけると姿が鮮明になり、おかっぱの白シャツに赤いスカートをはいた5歳の少女の姿になりました。
女の子はなぜ泣いているのか聞かれると母親から怒られたようで、もっとかまってほしいという気持ちがあったようです。
自分でも悲しい気持ちがわいてきて涙がぽろぽろ出てきました。
私が泣いた理由もその寂しかった、という小さいころの押し殺していた感情を実感したので泣いたんだ、と思いました。
女の子が一緒に遊んでほしいというので、外でいっぱい遊んであげました。少女は満たされた笑顔をしています。

そこで、問題の起こった場面へ移動するように言われると中学校の自分のイメージが出てきました。
中学校ではみんなからうけいれられていない、自信がない、というマイナスのイメージが伝わってきました。

なかなかイメージがわいてこず、さらに問題に迫るように場所を移動すると、私は男になっていました。
男で森にいます。木を切っているようで、きこりでした。

富嶋さんがいうにはインナーチャイルドから前世へ移動する人は初めてだそうです。
年齢は27、年代は1192年、場所はスウェーデン聞かれるとすらすら出てくるのが不思議でした。

問題の場所へ行くとそこは家で父親の暴力に家族が悩まされていました。
私は父と対面し、会話します。そこで私は「家族の言い分を聞いてほしい、もっと愛してほしい」と伝えました。
はじめしかめっ面をしていた父は顔がやさしくなり、泣いていました。
それで父が反省してざんげしていることに気づき、和解することができました。

私はこの父の影響で前世では独身だったようです。
死ぬ年齢は78歳、老衰でした。

しかも、自分の人生を振り返ったときに、つらい人生だったというイメージがつよく、そのイメージのときに退行してみると、私は胎児で母親の腹の中にいました。
父親の暴力はそこから続いており、「こんな家にうまれたくないなぁ」と思っていました。
そのときの黒いもやの感情とインナーチャイルドの黒いもやが合致しました。

最後に、インナーチャイルドに会いに行き、メッセージをもらいます。
私はもっと甘えていいんだよ、愛してほしいっていっていいんだよといわれました。
そして光の玉をもらって別れを告げ、もどってきます。

このセッションを通して、こだわりが強く、それを他人に押し付けてしまう部分は、自分がもっとかまってほしいという記憶がもとになって
自分に関心をむけてもらうための手段だったことに気づきました。

母とのかかわりについても、やっぱりな~という気持ちがあり、原因がわかったので、これからどうしていったらいいか、よく考えたいと思いました。

明日から前向きにやってみたいと思います。
ありがとうございました。

とても丁寧に優しくお話を聞いて下さりあり…

とても丁寧に優しくお話を聞いて下さり
ありがとうございました。

お会いしてからカチコチに緊張していましたが
セッション終了後には
リラックスしていて心地良かったです

冨嶋先生と居ると穏やかで楽しい気持ちになり
ずっとお話していたいような!
まだ帰りたくないような!

・・気分になり 
帰り際が悪く長々と申し訳ありませんでした(笑)

私の中のインナーチャイルドは
幼少時期のわたしによく似た
はにかみやさんで
大人しい子といった性格でした

してほしいことを聞いた時も
ちょっと遠慮気味で言うような子

当のわたしもそんな大人しいインナーチャイルドと
二人っきりという状況に 
ちょっぴり戸惑っていました

なにかもっと話してあげなきゃとか・・
でも何話していいのか??

会話はちょっとままならなかったですが
一緒にお散歩したり
お菓子を作ってあげた時は

嬉しそうな笑顔を見ることが出来てよかったです

インナーチャイルドからは色鉛筆をプレゼント
されたのですが、

よく考えてみると幼少時代のわたしは
両親の帰宅が遅く姉妹だけで留守番していました

そんな中、絵を描いて待っていることが多々ありました
鉛筆を走らせていると
気持ちが安らぎ集中できて楽しかったかもしれません

中学生になっても授業中に4コマ漫画の長編みたいなのを
隣の机の子に順番に回していき
その先は手に渡った人がストーリー展開するといった

おかしなことをしては楽しんでいました

大人になってからは絵を描くことはなくなり
あまり遊びに没頭した記憶はありません

一度だけ絵の手習いに行ったのですが
その時 とても楽しく幸せな時間が
流れていたことを鮮明に覚えています

日々の雑務に追われ行かなくなってしまったのですが
今現在の自分には
そんな時間が必要なのかもしれないと

セッション後 思うようになりました

振り返ると日々生活の為に雑務に追われて
有益なことを優先的(仕事や副業)になって

一見無益(趣味や遊び)なことはしてる場合でない!
とか
深夜までゲームばかりしている家族に対して
どうしてそんな実にならないことに
膨大な時間を費やすの?
モッタイナイ!

とさえ思っていました←偏見ですね

好きなことに没頭する
童心に返る
わくわくすることを大切にする

そんなことをうまく取り入れ
生活を彩るゆとりをもって生きてゆきたいです。。☆

沢山の「気づき」と「暖かいもの」をありがとうございました。
先生と縁をつないでくれた
守護霊さんにも感謝しています

追伸

先生は現代衣装に身を包んでいたのに
帰宅してからも何故か
お坊さん衣装の先生の姿しか浮かんできません(笑)

自分の中にあった闇が明けたのでよかったで…

自分の中にあった闇が明けたのでよかったです。

結局自分の中で怒りやつらさを闇の中に閉じ込めていたのに、もがいた状態でいたのですが、イメージの中で夜明けと共に負のインナーチャイルドが召されたので、なんかすごいなと思いました。

インナーチャイルドを必要としていたので召していいのかわからなかったけど、前に進むには天に送り、私も次に進む必要があると言うか、今はニュートラルな感じです。
これからは自分次第だと思います。