第一印象で、その人を見極める方法

※本ブログ「れんねメモ」を初めて読まれる方は、読んで後悔する前に「れんねメモを読む前に」をご確認ください。

人との出会いは縁によって生じる。
逆に言えば縁が無ければ言葉を交わす事も、出会う事も見かける事さえも難しいと言える。

イイ人との出会いはうれしいものだ。しかし嫌な人との出会いは、出来れば避けたいものではある。
第一印象は良かったのに、付き合ってみたらひどく傷つけられた。なんて事もあるだろう。
今回はこの人との「縁」を、第一印象のみである程度見分ける方法を書いてみる。
それによって今後その人とどういう関係性になるかも、ある程度予想を付けることが出来るのだ。

その前に「縁」と言うものについて、ちょっとあらためて整理しておこう。

まず、家族の縁について考えてみて欲しい。
特に親子の縁は、あらゆる縁の中でも非常に縁が深い相手と言える。 信頼し合え一緒にいて当然だと感じる家族なら、また来世で家族や恋人など何らかの形で近い縁であっても納得できるだろう。

では、子供を虐待する親。親に暴力を振るう子供。どう考えても性格的に似ても似つかない兄弟。 とても愛情があるとは思えないような親子の場合はどうだろう。
「なんで、こんな親の元に生まれたんだ!」「何でこんな子に育ってしまったの?」 そんな納得のいかない親子関係もある。

しかし、これも「囚われ」と言う視点から見れば、何ら不思議ではない。
「大好きな家族と、また来世で一緒になりたい」と願うのも「大嫌いな家族と、二度と来世では一緒になりたくない」と願うのも、潜在意識においては、その「家族」に意識が強く囚われていると言う意味では同じだからだ。
どちらもまた来世で家族や友人、近い関係性の中で生まれやすい。

潜在意識においては「好きも嫌いも同じ」であり、「好き」や「嫌い」の逆は「好きでも嫌いでも無い」になる。

つまり、あの人が好きとか嫌いとか‥気になる人と言う具合に感情が動く相手は、確実に前世で何らかの関係性があると言える。 逆に縁のない人と言うのは、感情が動きにくい事はもちろん、その人の存在に気付くこと自体難しいものと考えてイイ。

ただし、縁は感情で惹き合うと言うより「似た要素」を持った者同士で惹き合うと言う感じだ。なので感情があんまり動かない相手であっても、何故か一緒にいることが多い相手、空気のような存在みたいなパートナーと言うのは、これまた縁が深いと言える。

ただ、似た要素を持つ者同士なら仲良くやっていけそうなのだが、実際にはそうとは限らない。
例えば「満たされた」と言う要素を持つ人なら、同じように「満たされた」人と縁が生じやすく、そんな縁ほど互いに「満たされた」空気のような感覚で馴染めるかもしれない。

しかし「寂しい」と言う要素で惹き合う縁になると、寂しい者同士で一緒にいると寂しさが無くなるのではと思われそうだが、実際にはそう言うものではない。
「寂しさ」と言うのは、このサイトでも何度も書いてる様に、「親に愛されていないかもしれない」と言う不安を兼ねた寂しさと言える。
恋人によって満たされるのではと錯覚しやすいが、満たされる事なく、じゃあ違う人なら満たされるかもと浮気をしたり、別れや出会いを繰り返したりもしやすいのだ。この寂しさは親によってしか満たされる事がない。そこに気付かないとなかなかぬぐえない「寂しさ」だ。

「怒り」「嫌悪」と言う要素で惹き合った場合はどうか。「怒り」や「嫌悪」と言うのは「理解されたい」と言う気持ちの裏返しでもある。
互いに「私を理解して欲しい」と相手に求めるが、理解されたいと感じている人が、相手を理解しようとするだけの気持ちの余裕を持つ事は難しく、結局ケンカや争い事を起こしてしまう。

人の縁とはこんな感じで、似た要素を持つ者同士で生じ、そこに様々な人間関係が生じてくる。

では、これらの事を踏まえて、第一印象でどうやって相手を見極めるかの話に戻ろう。
初めて会った人に対して、自分の心がどう動いたかを客観的に感じる事で、相手との縁をある程度見極める事が出来る。

第一印象の違い

1.波乱の予感:相手を見た瞬間、強烈な印象を感じる相手

一目惚れ、大好きと感じる相手。あるいは大嫌いと感じる相手。苦手意識や緊張感が生じる相手など、とにかく感情が大きく揺さぶられる相手がこれに当たる。

大好きな人と大嫌いな人が一緒にくくられてしまうのか!?と思うかもしれない。 しかし潜在意識とはそう言うもので「大好きか、大嫌いか」の問題ではないのだ。感情が「激しく動く」か、「動かない」かが問題なのだ。
つまり「強い囚われの縁」にあたる相手だ。大好きだった前世もあれば、大嫌いだった前世もあると言える。

ドラマで言えば第一話で衝撃の出会いが起こり、主人公が運命だと感じて急速に惹かれていく相手。 あるいは主人公に対し宿命の敵として登場するイジワル役がそうだ。
大きく感情の動く相手と言うのは、イイ意味でも悪い意味でも、感情の波の激しい前世の縁だったと言える。大の仲良しだった生もあれば、互いに憎みあってた生もあるだろう。
最初に一目その人をみた時、イイ意味でも悪い意味でも、特にドキドキするような相手だったら、慎重に関係性を築いていった方がイイ。このドキドキの感覚というのは、ある意味潜在意識が、前世においてこの人の事で大いに苦しんだ、と言う事を覚えているからドキドキするのだ。

異性で互いにドキドキしてる感じなら、大恋愛、大失恋を繰り返してる相手だろう。喋りかけたいけど怖くて声をかけられないなど、こちらだけがドキドキしてる感じなら、長年の片思いで苦しんだ相手かもしれない。
ドキドキとまではいかないが、すんごく愛おしい、離れると耐えられない様な場合、 先立たれて長年忘れられなかったという可能性もある。
立場的に話しかける事さえ難しい相手だけど強烈に惹かれると言う場合、前世でも身分の差で苦しんだ相手かも知れない。
そんな感じで自分の中の印象から、前世での相手との関係性は、ある程度つかめる。

他にも色んなパターンはあるが、基本的には 苦しんだ方が、潜在意識には残りやすく来世で惹かれやすいので、特に一目惚れの場合は、今世においてもまた大きく苦しむ可能性がある事は覚悟しておいた方がイイ。
その人と苦楽を共にし、これから長年傷つけ傷つけられ、激しい恋愛がしたいと言う人ならお勧めする。 でも無駄に歳を取りたくない、平穏な結婚がしたいと言う人にはお勧めしない。

同性なら大親友あるいは憎しみ恨みの関係の可能性と言った感じだろう。 一気に仲良しになる感じだったら、あんまり距離を詰めると怖い。一応ある程度距離を保って、接する事をお勧めする。

逆に苦手意識がふつふつ湧くような相手なら、もし会社の同僚など、この先もう避けようのない付き合いが必要となるなら。 向こうも苦手だと感じている事が多いので、あえてこちらから弱さを見せたり、話しかけたりして接近するとイイ。
それで嫌な態度を取られても気にすることはない。 少なくとも相手がこちらに対する苦手意識が小さくなると、こちらの苦手意識も自然と小さくなるので楽になるものだ。
ただ、苦手意識が無くなりすぎて、激しく親密になるのは気を付けた方がイイ。前世と似たような嫌な衝突を再び招く可能性が大きいからだ。ある程度距離を保って必要以上に互いに囚われない方がイイ関係を保てやすい。

2.平穏の予感:初対面なのに緊張感が湧かない、単純に話しやすいと感じる相手

初めて会う人なのに、緊張感なく自然と喋れる。無言になっても、特に気にならない。別にそんな好きでも嫌いでも無いが、一緒にいると安心できる。 感情の波が、あんまり起こらない相手。
自然と一緒にいる事が多く、相手がいない時はちょっと寂しいと感じる。

わりと長続きしやすい縁と言える。前世でも長続きした縁の可能性が高い。 異性なら退屈かもしれないが、浮気されたり離婚の心配もないし、トラブルも起こりにくい。 同性なら気を遣わなくてもいい楽な相手と言った感じで、今世でも長い付き合いになりそうだ。

ちょうど、ごく普通の自分の親や兄弟に対する気持ちが、それに近いのではと思う。 普段は何とも思ってないけど、いなくなるとちょっと寂しいと感じるような相手が、これにあたる。

友達で言えば、最近連絡取ってないけど、まぁまた連絡を取ろうと思えば、たいして抵抗感なく連絡を取れるような相手。 異性で言えば、今まで恋愛対象としては考えた事なかったけど、いざ相手がいなくなると寂しいと感じるような相手。 ドラマで言えば最終回で「そういやアイツは、いつもそばにいてくれた」と主人公が初めて気付く相手。

これは、さっきの相手に囚われると言う視点で見れば、縁が薄そうに見えるのだが、そうではなく波立つ関係か、波立たない関係かの違いだけとも言える。
一緒にいても、あんまりドラマチックな展開は望めないが、居なくなった時に初めてその存在感に気付かされるような人だ。

人間界より上の天界がこんな感じで、人間界に比べると苦しみがほとんど生じ無いだけに楽ではあるのだが、苦しみが無いと幸せを幸せと認識できなくなる。
だからあんまり長く天界にいると、今度は何か変化が欲しいと下の世界に興味を持ってしまい、また人間界に落ちてくる。そんな魂も沢山いる。
我々も、当たり前のように酸素を吸っているが、呼吸する事自体難しいような、ここより下の世界もまたある。そんな所に落ちて初めて、呼吸できる事の幸せに気付いても遅いのだ。

ただ、もしどちらかが早死にしたり、今世に限って何らかのトラブルが起こった場合、来世からは1の縁に切替る可能性もある。
また、こちらは話しやすいのに、相手の方は妙に緊張しているような場合は、前世において自分が相手を苦しめていた可能性がある。
こういった場合は、まぁ‥とりあえず心の中で「ごめんなさい」と唱えておこう。

3.挨拶の予感:全く興味が湧かない、話してても何とも感じない相手

ある程度の縁のある人なら「優しそうな人」だとか「苦手な人」と言う具合に、何らかの印象が出てくる。 その印象すら出てこない。とりあえず挨拶をするだけの関係の人など。こう言った知人レベルの関係者は、前世においてもそれほど深く関わっていなかった可能性が高い。しばらくしたら切れる縁の人かもしれない。

ただ、興味は湧かなくても仕事で関係する人、何らかのグループで一緒の人と言う感じで、これからしばらく関わると言うような人なら、それは感情に関係なく、何らかの似た要素を持つ者同士と言う縁があって惹き合っている人だ。
こう言った人は、これから来世にかけて縁が深くなる可能性があるので、信頼できそうな人であれば、ちょっと積極的に関わってみても面白いかもしれない。
意外な共通点など見つかるかもしれないし、それほど仲良くはなれなくとも、そこから縁が繋がって、来世辺りではもっと親しい関係になってるかもしれない。

4.無縁の予感:全く気付かない、何にも感じない相手

まぁ、全く縁のない人と言うのは、互いに気付く事も見かける事も難しい。
なので、わざわざ前世や来世での関係を、ここで考える必要もないだろう。

では続いて初対面の人に対し、前世ではどういう縁であれ、今世ではどういう人なのかを素早く見抜く方法だ。
上記の第一印象での判断を踏まえて、以下の点を意識しておけば、5分も喋れば相手がどういう人か掴めるだろう。

-広告-
危うくうっかりクリックしそうなアナタにおすすめのコンテンツ

未来巡行
  • この先どう進むのが最善なのか。潜在意識はそんな答えも知っている。
    未来は自分でつくり出すもの。迷いの連続から脱し自分の力で未来を創る。
心応理講座 昇華編
  • どんな家に生まれて、どんな人生を送るかも全て偶然ではなく、自分の魂の中にある「心の囚われ」に従って決まる。
    霊や死後、輪廻について「心の囚われ」と言う視点で学び、繰り返す運命の流れを変えていく魂の講座。

相手の雰囲気から理解する

・怒り口調の人、怖そうな人、口の悪い人

怒りは、理解されたいと言う気持ちの裏返しだ。「本当の自分を誰もわかってくれない」と感じている。 こういう人には、まず聞き手に回って、その人の話をよく聞く。その人を理解しようと言う気持ちで接する必要がある。

・やたらはしゃぐが、どこか寂しさを感じる人

寂しいから無理に楽しい空気を作ろうとするタイプ。しかしそれは、その人にとって一時的に寂しさが紛れるだけに過ぎない。
安易に優しくすると依存に繋がったり、すぐ裏切られたと思われたり、難しい部分は多々ある。 この寂しさは多くの場合、本人の親に対する感情に関係する。その辺りを理解していく必要がある。

・嫉妬心をかきたてるような行動や話をする異性

これも根本的にぬぐえない寂しさを抱えている人に多い。嫉妬心をかきたてられるような行動を見せつけられた時、自分の中に嫉妬心が湧いてくるようなら、自分も相手と同様に寂しさを抱えていると言う事になる。気は合うかもしれないが互いに浮気しあうような「波乱の予感」も覚悟した方がイイ。
逆に相手の行動にあきれて気持ちが覚めてくるようなら、恋愛対象としてはお勧めしない。振り回されるだけだろう。あなたにとってその人は幼く感じるかもしれないが、このタイプは先ほどと同様、本人によってしか解決できない寂しさを抱えている。その事を意識して距離を維持して関わるなら問題ないだろう。

・理論的に話す人、情報だけの会話の多い人

どこそこの店はああだこうだと言う、感情の伴わない情報のみの会話が中心の人は、自分の感情がうまく出せていない人なので、ストレスを貯めていやすい。
こちらから気持ちに関わる会話、例えば恋愛話などを持ち込めそうであれば、その辺から少しずつ解きほぐしてあげられるとイイ。

・こちらの話をよく聞いてくれる人

普段からカウンセラーのように、よく話を聞いてくれる人と言うのは、ある程度自分の気持ちに余裕があるから出来ると言える。 ただ、こちらとしては自分が話すだけで、相手の話が聞き出せないので、実際に相手がどういう人か、気持ちがどうかとか分かり難かったりするので難しい。
特に異性の場合、話をよく聞いてくれるから、つい好意を持ってくれてるんじゃないかと思ってしまいやすいが、その前に自分はどれだけその人の事を知っているのか、よく思い返してみてから考えた方がイイだろう。
このタイプを早く理解するには、相手と同様こちらも上手に聞き手に回る事だ。

・口下手な人、無口な人

これは人によって様々なので、単に喋らないから寂しい人とか判断できない。 親によく怒られた人は、会話をする時も相手の表情を伺いながら話す癖がついていたり、親がよく喋るから子供もよく喋るとも限らない。 喋り方からだけでは、見えてこない部分も沢山ある。
なので、とりあえず相手の話す話の内容の方に意識を向けた方がイイ。 こちらからも心を開きつつ、質問などでその人の心に近付いて少しずつ理解していくしかない。

続いて、その相手の話す内容から理解できる点を挙げる。

・口癖や人の評価する言葉、悪口は、その人自身を表す

初対面で、たった5分ほどの間で繰り返されるキーワードがあったら、その人自身がそのキーワードに関係する事で、何らかの形で「囚われている」と見る事が出来る。
例えば、友達の事を「裏切られた」とか「信用できない」といきなり繰り返す人なら、「裏切り」と言う要素を抱えている人と見る事が出来るので、この人は以前にも何度か裏切られている、あるいはこの人自身が誰かを裏切って、その罪悪感を背負っている為に囚われている可能性がある。

特に裏切った友人を責めるような口調の場合、自分が誰かを裏切っており、それを認めたくないから友達の似た部分を責めている可能性が高い。
なので人の悪口を繰り返す人は、心の深い部分では自分自身の悪い部分、認めたくない部分を自分でもよく認識しているとも言える。 その人自身がそこを素直に人に話せるようになると、本人は楽になりやく自然と人を責めるような悪口も言わなくなる。

・こちらの話を遮ってでも自分の事を喋ろうとする人

人に分かってもらえていないと普段から感じている可能性が高い。 何でも言いたい事を言ってるような印象を与えるが、実は本当に言いたい事が何も誰にも言えていない人だ。本当に言いたい事が何なのかを理解してあげる必要がある。

・卑屈な言葉を繰り返す人

認めて欲しいと強く感じている。 認める言葉がけをすればイイが、依存に繋がりやすい。なので、まず何故いつから認めてもらえないと感じるようになったのか。その辺りの話を聞き出せると一番いい。

・自分の事を大きく見せようとする人

自信のない表れと言える。 褒めた所で、本人は一時的にしか満足できず、依存に繋がる可能性もある。自分を大きく見せなければならない理由が過去にあるので、そこを理解する必要がある。

・感情の言葉をよく口にする人

嬉しいとか寂しいとか、ストレートに口に出来る人は、ストレスを貯めにくく、人とも溶け込みやすい。
ただ、素直な自分を演じているだけの人もいるので、その場合はちょっと難しい。その辺は口調でわかると思う。

ちょっと思いつくまま書きなぐった感じなので、整理しきれていない部分も多々あるし、他にも色んなケースがあり、全部がこの通りに当てはまるわけでもない。あくまで参考程度にとらえて欲しい。

ただ、誤解されると困るのだが、これは相手を判断するためと言うよりは、相手や自分を理解するヒントとして参考にしてもらえるとうれしい。
まぁ「第一印象で、その人を見極める方法」と書いた方が興味をひくだろうと思って、このタイトルにしたのだが、本当は「第一印象で、その人との縁を理解し、その人を理解する方法」って感じだ。

「なるほど、あの人は人の悪口ばかり言ってるから信用できない人だな、さっさと縁を切ろう」と、気付いてもらうために書いたのではない。
信用できない人だからと嫌悪して、無理に縁を切った所で、必ず似たよな信用できない人は、また現れる。
と言って、別に嫌だと感じる人と頑張って仲良くしようと言ってるワケでもない。その人がどういう人か早く理解することで、嫌な人をワザワザ嫌だと感じて苦しむ必要がない、囚われる必要が無いと言う話なのだ。
囚われなくなったら、自分と似た要素が無ければイヤでもじきに縁は切れるので、気にする必要も何もないと言う事だ。

意地悪な人も、別に心から望んで意地悪な人になってるわけではない。意地悪な人になるのも難しいものだ。必ずその切っ掛けとなる過去があり、しかたなく運命で意地悪な人になってしまっているだけの話だ。
世の中の犯罪者も同じだ。生まれた時から犯罪者を目指す人はいない。

そもそもそう言った意地悪な人、信用できない人と出会った、縁付いたと言う事自体に意味があり、自分自身の中にその理由があるものだ。

最初にも書いたとおり縁は「感情」で惹き合うのではなく「似た要素」を持つ者同士で惹き合う。
どんなにイヤな人、信用できない人であっても、自分と何らかの「似た要素」を持っているから出会うのだ。

あの人は嘘をつくから信用できない。でもその嘘をつく人と出会った自分の中にも必ず、その人と似た要素を持っていると言える。
もしかするとその人は注目されたくて、寂しくて愛されたくて、イイ人だと思われたくて嘘をついているのかもしれない。
そう考えた時、自分は嘘はつかないけど、注目されたいと考えるのは私も同じだ‥と言う具合に探せば必ず何らかの似た要素を持っている。だから出会ったと言えるのだ。
そこに気付けた時、相手の気持ちを理解出来た時、きっとイヤな人はイヤな人でなくなる。そこに気付いて欲しくて書いたのだ。

好きだと感じる人も、嫌いだと感じる人も、どちらも自分自身の中の深い所にいるもう一人の自分との出会いだ。
イイ人との出会い、悪い人との出会いは、認めたい自分、認めたくない自分との出会いとも言えるのだ。
そこに気付き、そこから学ぶために我々は輪廻転生を続けている。自分の家族も出会う友人知人、そして生まれる場所や環境も全て、自分自身の前世からのカルマで決まる。そこから学んで学び終えれば、囚われは無くなり縁は切れる。
そうやって全ての囚われが無くなれば、輪廻する必要も無くなるだろう。
また話が無駄に大きくなりそうなので、この辺で終わろうと思う。

出会いと言うのは必ず意味がある。
そしてあなたがこの文面を今読んでいる事にも必ず意味はあるハズだ。

-広告-
この記事に関連するおすすめのコンテンツ

心応理講座 浄化編
  • 心が特定の領域に偏ると、様々なトラブルを引き寄せやすくなる。
    心の偏りを整え、人生を好転させる手法を学んでいく心理講座。
トラワレリンネの覚書
  • 忘れられない。許せない。欲しい。怖い。さみしい。悲しい。不安で仕方がない。全ての苦しみはトラワレ。
    心応理講座浄化編の一般公開できるポイントをまとめた一冊。