宗教による前世ブロック

※本ブログ「れんねメモ」を初めて読まれる方は、読んで後悔する前に「れんねメモを読む前に」をご確認ください。

京都も暑い日が続いています。
今の仕事場(サロン)にある冷蔵庫は、簡易的なものでオマケ程度に冷凍室があるだけです。なのでアイスクリームを置いてもすぐに溶けてしまいます。
冷蔵庫の温度を最強にすると、アイスクリームが溶ける時間をいくらか遅らせる事は出来るのですが、今度は冷蔵室の飲み物などが凍ってきます。
冷たい飲み物も飲みたいけどアイスも食べたい!アイスも食べたいけど冷たい飲み物もすぐに飲みたい!どうすればいいんだ!と、毎日身もだえしながら温度調整を上げたり下げたりしている今日この頃の管理人です。

さて、このブログでは普段、世間で話題になっていることをネタにすることはまずありません。無残な事件が起ころうと災害が起ころうと戦争が起ころうと、考え方や価値観は人それぞれ違いますし、そこに余計な方向性を作りたくないからです。
しかし今回は、ちょっとだけあえて触れます。

先月の安倍元首相の暗殺は多くの日本国民にとってショッキングな事件だったと思います。
昔は色々叩かれてはいましたが、ここまで日本の立場を海外において引き上げてくれた首相は近年まれだったと思います。個人的にも非常に残念に感じています。
そして同時に犯人の動機の、母親の宗教依存が原因で家庭が崩壊し、その逆恨みだったというもまた悲しすぎる話です。

私は何事も常に両方の立場を理解したいと考えています。
元々私はスピリチュアル寄りだったから、逆の解釈も理解したいと思い心理学も学んだ上でヒプノセラピーを始めました。
友達が宗教事件に巻き込まれて殺された時は、被害者の気持ちも加害者の気持ちも理解したいから、加害者のいた宗教団体の信者さんとも接触してその立場や気持ちの理解にも努力しました。
もっと遡れば、健康な人の気持ちはもちろん障害者のいる家族の気持ちも、我が子を亡くす親の気持ちも理解したいから、そういう運命の家で今世の私は生まれました。

だからこそ言えるのですが、多くの宗教に入信してしまう人達は本当に優しくて真面目な方が非常に多いです。
そしてその宗教の教義も、なるほどと思わせる内容のものが確かに多いです。普通の人なら苦しい時にこんな風に教えられたら、そら信仰するだろうなと感じるような内容ばかりです。
それを繰り返し毎日聞かされると、嫌でも潜在意識に特定の価値観が埋め込まれていってしまうだろうなと思います。

ちなみに多くの宗教を見てきていながら未だに私が無宗教でいるのは、そもそもその宗教に入信しないと救われない的な価値観が受け容れられないからです。
本当に素晴らしい教えなら、別に入信しなくてもお布施しなくても、どんどん多くの人に広めていけばイイじゃない‥と考えるからです。
まぁその手間を効率よく行うために、そういう機会を設けて人を集める所までは分かります。いや、気持ちの上での覚悟が必要という所までも分かります。でもお布施の多くが結局、豪華な神殿や施設、組織の維持費に使われるのが分からない。一度入信して退会すると結構邪険な扱いをされるというのもまた分からない。本当に信仰対象の神仏がそんなことを望むものなのか。

ここれんねのお客さんでもたまにおられます。
普通はイメージを作っていくコツさえしっかり掴めれば、前世は誰にでも体験できます。しかし過去に特定の宗教に在籍しており、そこでは輪廻という概念が完全否定されていたために、退会した後の今も前世を見ようとするとブロックがかかってしまい見れないという方が時々おられるのです。
表層意識では前世はあるかもしれないと考えて、ここれんねに来られたのにです。実際に誘導すると非常に強いブロックがかかって進まない。前世を信じると地獄に落ちるみたいな暗示を埋め込まれていたりするわけです。
この場合ここれんねで言えば心応理講座などで、じっくりこのブロックと向き合って解除していく事から始めないと進められません。

これはあくまで霊的側面からの個人的な解釈の一つですが。
近代に生まれた新興宗教の多くは、初代の教祖的立場の人は最初の段階では、純粋で強力な霊力を持っていたりもします。
しかし宗教団体という「組織」になった時点で、教祖と信者という立場が生じます。
こうなると信者は教祖に依存心を抱きます。「救ってもらいたい」「苦しみから解放して欲しい」と願うわけです。
この依存心は、信者が増えれば増えるほど大量に教祖にのしかかります。その信仰対象が特定の神仏であっても、教祖という存在はその信仰の一部を成し負担は大きいです。
普通なら教祖は、これまで以上に修行をしないと体が持たないものです。
修行の功徳や、常に意識を高次の状態に保ち続ける事が出来れば持つかもしれませんが、油断すればすぐ多くの信者の依存心に押し潰されて病気などを患いやすくなります。

ただ、この教祖が動物霊に憑かれると状況が変わります。意識まで乗っ取られると本人の霊的精神的負担云々は関係なく、強力な霊力を発揮しながらも利己的に活動するようになります。
さらに動物霊は恐怖で人を支配するので依存心より強迫観念が勝ってきます。口にはしなくとも教義に従わなければ、多額のお布施をしなければ天罰が下ると無意識レベルで怖れを抱くようになります。

しかし冷静に考えてみて下さい。神様が人間に天罰を下すって、すんごいうつわの小さい神さんだと思いませんか?
天罰を下す神さんなんて基本的にいません。人を裁けるのはその人自身のみです。もし天罰を下す神さんがいるとすれば、考えられるのは人間的感情や囚われが残っている比較的低次元の神さんです。
仏教で言えば、菩薩さんとかは確かに罰を当てる事があると言われています。なぜなら菩薩さんは、生前修行した人間が死後直接成れるレベルの神さんであり、多少の人間的感情が消化しきれず残っているケースもあるからです。如来さんレベルになるとさすがにないでしょう。
神道で言えば、天津神はバチを当てる事はありませんが、国津神はバチを当てる事があると言われています。一般的に天津神は高天原から天降った神々を指し、国津神は地上に現れた事のある神々を指すためです。
ただ実際に私が知る限りでは、天津神も国津神関係なく多くの神道系の神々は元々地球外の魂で、いくつかに分霊して地上に転生する事は可能です。
そしてまた天に戻って真我と融合したての時は多少の人間的(地球人的)感情も残ってしまう可能性もあるのでバチを当てる事もあるかもしれません。
ちょっとこの手の話をしだすと大きく話が逸れてくるので、続きは心応理でどうぞ^^

-広告-
記事に夢中過ぎてうっかり幽体離脱しそうな今のアナタにおすすめのコンテンツ

前世回帰
  • なぜこんなにもあの人に囚われるのか。その理由はアナタの潜在意識だけが知っている。
    前世と言う名の秘密の物語。苦しさの理由はそこにある。
れんね瞑想
  • 前世と言う名の不思議な物語。これは事実なのか、想像なのか。
    それはアナタの中に湧き上がる感情だけが知っている…!

話を戻します。宗教団体などで崇拝される対象の多くは本来もっと上の神さんのはずです。しかしいつの間にか質の悪いそこらの動物霊が対象の神仏に化けて、教祖を乗っとってしまう事もよくあるのです。
そうなると当然、動物霊はただの利己的な存在なので、バチを当ててくる事も多々あります。逆に奇跡のような神秘現象を見せて信者をさらに虜にすることも簡単です。

また動物霊は、依存しきった信者が亡くなった後、その亡くなった信者の魂を自分の眷属として迎えます。亡くなった人自身も動物霊になるという事です。動物霊になるともう人間には転生できません。
だから彼らにとって輪廻という概念は邪魔でしかなく完全否定してきます。

この段階になるとさらに依存しやすい魂を集めるために、沢山のお布施を要求します。
確かに囚われを手放していくという意味では、宗教上のお布施も本来効果のある行為ではあります。
お布施は大量にする人ほど、その宗教への潜在的集中力も依存心も嫌でも高まります。同時に大金を使うと、どこかに矛盾を感じていても意識上に昇ってこなくなります。それが絶対に正しいと信じたくなるものです。でなければ大損したことを認めなければならなくなるからです。
だから亡くなった後、動物霊にとってはさらに眷属にしやすくなります。しかもそのお金で組織もどんどん大きくできて、さらなる信者を獲得できます。そのため必要以上にお布施を要求してくるのです。

しかし動物霊は本来飽きっぽくて、突然離れる事もあります。普通にそのまま離れてくれるだけならイイのですが、多くは稼いだ功徳を全部持ち去ってしまうので、憑かれていた教祖は急に求心力を失って、マスコミに叩かれるようになったり、詐欺呼ばりされるようになったり破産したり。時には動物霊が去り際に暴れてワケの分からない事件を起こしてしまうなど、ロクなことがありません。
そういった事が、よくスピリチュアル系で起こってしまうから、宗教は危ないとかスピリチュアルは怖いと言われるようになるわけです。
危ないのはスピリチュアルではなく、動物霊達の特性をよく知らないまま関わる事です。

まぁもちろんこれは一部の宗教の場合の話です。このようにはならずに普通に問題なく進展していく宗教もあります。真面目に修行し続けている教祖さんなら、本当に欠かさず修行されているなら多分大丈夫でしょう。
でも「私は完成しているから修行は不要」なんて言って教祖さんが修行しなくなったら、怠け好きのタヌキあたりにすでに乗っ取られているだけかもしれません。
ただでさえ大勢の信者さんから思念されるわけですから、よほどしっかり修行し続けるか、動物霊に憑かれてしまうかしないと、普通は体が持たないものです。

またこれに近い構造が、宗教以外の普通の動画配信などでも最近はよく起こっています。
動物霊を連れて来られるお客さんが、どこで拾ったのか探っていくと、特定の動画を夢中で見ていただけで憑かれていたというケースが最近多いです。
動画は見る人に考える隙を与えずに情報を流し込めるので、彼らにとっても利用しやすくアチラの世界でも今大流行なのです。
動画配信が霊的に一種の宗教的な構造を成し始めているという事です。特にスピリチュアル系の動画で配信している本人も気付かずに、一緒に動物霊配信しているものも多いので夢中になりすぎないでください。

もちろんこんな霊的な解釈自体も極論で言えば宗教の一つです。
でも同時に「科学的に」とか「心理学的に」とか言って分析することは、私でなくても出来る事なのでここでは省略しますが、そんな我々が常識として捉えているこの人間社会の概念そのものも、また立派な宗教の一つだと解釈できます。

もちろん何を信じるかは人それぞれの自由です。ただ、自分で考える事はやめないでほしいのです。

どう判断してよいのか分からなくなったら、とりあえず誰かに話してみる事です。話すことで整理づいて答えが見つかる事もあるからです。
話せる人がいなければ、ここれんねを頼ってください。初回だけなら無料で対応できるセッションもありますし、見えない変なの連れてきていたらコッソリ取っておきます^^
特定の考えに囚われて、日々どんどん思い込みが激しくなってしまうのが一番怖いので気を付けて欲しいです。

何が正しくて何が間違いなのかという二極的な概念は、それが「楽」だから我々は魅かれやすいです。
黒が0.00001%混じった白であっても、多くの人はそれが白だと認識するでしょう。なぜならそれが「楽」だからです。正しいのか間違いなのかハッキリさせたくなるのは、それが「楽」だからです。
だから争いも起これば戦争も起きます。白黒ハッキリさせた方が「楽」だからです。
宗教も白か黒かの答えをくれます。それが「楽」だからです。だから信仰したくなるのです。

でも実際多くの事は厳密にはグレーです。全ての事は正しくもあり間違いでもあるのです。
認識する人それぞれによっても変わるし、同じ人であってもタイミングによって変わることもあるでしょう。そんな風に柔軟に考えを変えられる人はなかなかいないと思います。それは誰にとっても面倒でしんどい事だからです。
が、いずれはそんな柔軟さが必要になる時代が来るのではないかと、今日も冷蔵庫の温度調整に悶えながら私は思っています。

それでは今回も最後に各セッションのご案内で締めくくります。


■心応理講座-通常Cクラス[SR220910]■

前世体験だけでなくインナーチャイルドなど含め、浄化目的や自分自身と向き合って人生を変えていきたいという方にお勧めです。

【心応理講座-第一回:嫌悪浄化】
日時:2022年09月10日(土曜)13時から17時まで
料金:6000円 5000円
定員:4名まで(残数2)
内容:カウンセリングワーク、セルフヒプノ、講義、ヒプノセラピー「インナーチャイルド」
心応理講座の詳細は以下のリンクから
心応理学講座

※第二回以降の日程は参加者の皆さんの都合に合わせて決定していきます。
※参加できない回は個人補習(9000円 8000円)で補う事も出来ます。
※第五回以降の昇華編は第四回までの浄化編をすべて終えた方のみ進むことが出来ます。

【お申し込み】
・お申し込みは「 グループワークご予約 」または「 総合お問合せ窓口 」からどうぞ。
・セッションで十分な体験ができるよう「 お申込みの前に 」も必ずお読み下さい。
グループワークご予約
総合お問合せ窓口


■個人セッション■

前世や未来を一人でじっくり見たい、しっかり体験したいという方はこちら。
また占いや霊的な相談等は総合カウンセリングがお勧めです。

【予約可能日】
・11月20日(日)までの土日の午後1時より(ご希望があれば多少の開始時間の変更は可能)

【内容・料金(2022年)】
・前世回帰:18,000円
・前世フルセッション:20,000円
・未来順行:18,000円
・ハイヤーセルフ:10,000円
・れんね誘導瞑想-個人:6,000円
・心応理講座-個人:各回8,000円
・総合カウンセリング:3,000円(ここれんね個人セッションが初めての方は無料)
個人ヒプノセラピー

【場所】
・ここれんねサロン(アトリエPUJA)
交通アクセス

【お申込み】
・お申し込みは「 個人セッションご予約 」または「 総合お問合せ窓口 」からどうぞ。
・セッションで十分な体験ができるよう「 お申込みの前に 」も必ずお読み下さい。
個人セッションご予約
総合お問合せ窓口


■電話占いカウンセリング■

京都まで行くのが難しい方。電話あるいはZoom、GmailMeet等アプリによる音声通話でのセッションも期間限定で受け付けています。
予約可能期間は8月と9月です。(ご都合によっては多少期間を超える形での予約も対応いたします)

【予約可能日】
・2022年8月3日(水)から9月30日(金)までの平日15時より、あるいは土日の午前9時より(ご希望があれば多少の開始時間の変更は可能)

【予約受付開始日】
・2022年7月23日(土)より

【内容】
・電話占いカウンセリング(カウンセリング・占い・遠隔除霊など)
※基本的に総合カウンセリングの内容と同等です。詳しくは臨時の専用ページを設けたので、以下のリンクをご覧ください。
電話占いカウンセリング

【お申し込み方法】
・お申し込みは「 個人セッションご予約 」または「 総合お問合せ窓口 」からどうぞ。
個人セッションご予約
総合お問合せ窓口


なお、個人セッションは8月27日以降、電話占いは8月21日以降が現在比較的空いています。

-広告-
この記事に関連するおすすめの個人セッション

初回無料-総合カウンセリング
  • ヒプノセラピーを受けてみたいけど、何を受けたらいいのか分からない。
    そんな時は初回無料の総合カウンセリングがおすすめ。占いセッションまでオマケで付いてくる!
前世フルセッション
  • アナタの知らないもう一つの人生。苦しさの理由はそこにある。
    前世療法に未来体験のオマケが付いた贅沢な前世体験コース。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。