れんね前世瞑想

暑さや日光に弱い原因の分かる前世を見に…

【瞑想:1回目】国:日本、三重県|時代:1790(11生ほど前の前世)


暑さや日光に弱い原因の分かる前世を見に行きました。

前世のドアを開けると、足の裏の焼ける感覚。
1790年頃、三重県伊勢市(?)下駄屋の娘。父、母、生まれたばかりの弟。
6歳の頃、家族全員焼死。
幼い弟に対して、「守れなくてごめんね。」と思っている。

幸せだった記憶は弟と紙風船で遊んだことや、塗りの上等な下駄を履かせてもらったことが出てきました。

子供の頃に亡くなったので、性格はよくわからず。満たされなさは感じなかったので、両親に守られて普通に育っていたように思います。

ハイヤーセルフのアドバイスは「引き寄せてしまうから、不安にならないで。」
私は、これを学ぶために転生を繰り返している気がします。

「自分で自分をいやせるようになる」がテ…

「自分で自分をいやせるようになる」がテーマの、このようなワークには初めて参加しました。

全体を通しての感想


・・・・・・

【瞑想:5回目】国:日本|時代:昭和30年代(4生ほど前の前世)


今回の前世は、高度成長期の日本に生まれた男の人でした。
・・・・・・

【瞑想:4回目】国:地球以外の惑星|時代:3000万年前(36生ほど前の前世)


今日は地球外の人物だった時のことを思い出した。
・・・・・・

【瞑想:3回目】国:天界か地獄のような場所|時代:1300(8生ほど前の前世)


今日は場面ごとに性別が変わって、どうも前世を見たと言うよりかは、自分の深層心理?潜在意識に入っていった様な気がした。
・・・・・・

【瞑想:2回目】国:イタリア|時代:1300(18生ほど前の前世)


今日は、イタリアで活躍した人でした。最初は、前回はむさくるしいおっさんの前世だったので、今日は「かわいい女の子だった前世が知りたい!」と挑戦した日でした。
・・・・・・

【瞑想:1回目】国:日本|時代:江戸1600(5か15生ほど前の前世)


戦国から江戸時代を生きた人で、最初は「天下取ったぞ!天下取ったぞ!願いがかなった!」とかなり頭の中で喜んでた。
・・・・・・

知りたい前世とは違う前世を見ましたが、自…

知りたい前世とは違う前世を見ましたが、自分にとって想いの強い前世だと体験したあとから思いました。

1700年代、ヨーロッパの都会の方に住んでいる青年の前世でした。鎧をまとったブロンズヘアーの貴族。名前は「アン」。
賑やかな街を歩きながら知り合いの女性に挨拶をしている様子。
賑やかで楽しいところでありながら、どこか物足りなく、寂しい気分。家に帰れば、年配の女性と犬がいて平和に暮らす日々。

でも、平和な日々は続かなく、戦争が起こる。馬に乗った兵士が銃や剣で殺し合い、現場は真っ赤に燃えているようでした。
馬の切ない鳴き声、銃声の音にいたたまれない想いがしました。戦うことを嫌って、自ら戦う事はしませんでした。そこで二度と争いごとが起こらないで欲しいと強く思いました。

戦争が終わり、生き残った私は人があまりいない山奥で暮らしてました。
平和を願いながら風景を描いて生計を立てていました。独りなのに、寂しいと思わず自由な暮らしを気に入ってました。

年老いた私はベッドに横になり眠ったように死にました。死ぬ時も平和を願う気持ちが凄くあったのと、まだ何かやり残しているんじゃないかと後悔を残してしまったように感じました。
そして、なぜか涙が出て止まりませんでした。

不思議な体験をさせていただき、ありがとうございました。